0066736
虫えい同好会掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [過去ログ] [管 理 用]
おなまえ
 Eメール非表示 非リンク
タイトル
投稿記事
 参照URL
 添付画像
寄主植物
写真情報 撮影年月日日/場所(都道府県 市町村)
(上記のの箇所は添付画像が無いとログに表示されません。)
投稿キー (任意の英数字で8文字以内)
(上記のの箇所はすべて記入しないと投稿できません。)
 文字色

2013/10/28(Mon) 14:12 No.13
ムラサキシキブハケタマフシについて 投稿者:mikuriya

初めて投稿させていただきます。
10月28日に静岡県御殿場市のヤブムラサキから採集した虫こぶについてご教示ください。
ムラサキシキブハケタマフシではないかと思っておりますが、御殿場市では過去に採集例がありません。
画像を添付いたしますので同定していただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。


寄主植物:ヤブムラサキ
撮影年月日:2013年10月28日/
 

2013/10/27(Sun) 22:56 No.11
ブドウタマバエ 投稿者:湯川淳一

 ブドウの実を加害するタマバエが東北地方で見つかりました。以前、東北地方や長野県で見つかって、しばらく、見なかったタマバエですが、2年ほど前に再発見されました。8〜9月に、正常実より、わずかにいびつになったブドウの実のゴールの中から成虫が羽化するのですが、その時期には,栽培ブドウの実は産卵の対象を過ぎています。恐らく、羽化した♀は、栽培ブドウ以外の Vitis の実に産卵したかもしれません。ヤマブドウの実を50房ほどビニル袋に入れて、室内に置いているのですが。まだ、成虫が羽化しません。現在、このタマバエはどこにいるか分かりません,不思議なタマバエです。また、ブドウ科の実のない冬をどの植物上で過ごすのかも謎です。
 ちなみに、ノブドウの実にゴールを作るタマバエは同属の別種で、冬はタニウツギやハコネウツギの越冬芽の中で過ごし、春には芽キャベツのようなゴールを作ります。
 

2013/10/28(Mon) 10:24 No.12 ホームページ
Re: ブドウタマバエ 投稿者:南 常雄

ご投稿、ありがうございます。
 こちらでは、ヤマブドウは身近な植物なのに、まだ通年の観察ができていません。旭川市内でもノブドウミフクレフシが見つかりましたので、来シーズンは、ヤマブドウとノブドウの通年観察をしてみます。


2013/10/25(Fri) 11:38 No.10 ホームページ
エゾノコンギクハナフクレフシ 投稿者:南 常雄

 タマバエによってエゾノコンギクの花に形成された虫えいで、径10〜20mmの塊状に肥大しています。内部に複数の幼虫室があり、10/19に採集した12個の虫えいから、24日までに黄色の3齢幼虫72匹の脱出がみられました。自然に脱出した幼虫を飼育容器に入れて越冬させ、成虫を得たいと思います。

寄主植物:エゾノコンギク
撮影年月日:2013年10月19日/北海道豊浦町
 

2013/10/22(Tue) 16:42 No.9 ホームページ
掲示板を開設 投稿者:南 常雄

 虫えい同好会の掲示板を開設いたしました。
格フォームの動作確認は、充分いたしましたが、お気づきの点がございましたらご連絡ください。
 


[01] [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]

処理 記事No 投稿キー

- Joyful Note -