0066738
虫えい同好会掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [過去ログ] [管 理 用]
おなまえ
 Eメール非表示 非リンク
タイトル
投稿記事
 参照URL
 添付画像
寄主植物
写真情報 撮影年月日日/場所(都道府県 市町村)
(上記のの箇所は添付画像が無いとログに表示されません。)
投稿キー (任意の英数字で8文字以内)
(上記のの箇所はすべて記入しないと投稿できません。)
 文字色

2014/08/24(Sun) 22:46 No.790
ヤマコウバシハフクレフシ 投稿者:ハンマー

 No.599(7/12)に関連した投稿ですが、かなり沈んでしまったので、新たにスレを立てさせていただきます。No.599のスレを立てた7月の時点で、採集した幼虫を湯川先生に見ていただきましたが、若齢のため属は不明でしたので、ゴールの成熟を待っていました。週末に雨が降るサイクルが続き、観察の間隔があいてしまいましたが、8月23日に写真左上のように、ゴールが茶色く変色いていました。内部は綿状のもので満たされ、終齢と思われる幼虫1匹(写真左下)がみつかりました。
 なお、写真右上のようなものが見られましたので、成熟したゴールは葉から外れて落下するのではないかと想像しています。また、今の時点で緑色を保っているゴールも見られ、その中にはタマバエではない、オタマジャクシ型の幼虫がいました。
 写真の幼虫は湯川先生に見ていただきたいと思っています。


寄主植物:ヤマコウバシ
撮影年月日:2014年8月23日/兵庫県三田市
 

2014/08/24(Sun) 23:25 No.792 ホームページ
Re: ヤマコウバシハフクレフシ 投稿者:南 常雄

ハンマーさん、ご投稿ありがとうございます。
湯川先生に連絡をいたしました。


2014/08/25(Mon) 17:46 No.794
Re: ヤマコウバシハフクレフシ 投稿者:湯川淳一

ハンマー様:ヤマコウバシハフクレフシの写真をご投稿下さり、誠に有り難うございました。左下の幼虫の写真には、立派な四山型の胸骨が見られますし、ゴールの内部に菌糸らしいものがあるということから、このタマバエはハリオタマバエ属かも知れません。ただし、この四山型の胸骨は、既知の日本産のハリオタマバエのものと、少し形が異なりますので、慎重に見極める必要がありそうです。実際に幼虫標本を拝見するのを楽しみにしています。右下の幼虫の写真は寄生蜂の幼虫かも知れません。
松尾さん:この写真をご覧になりましたら、コメントを頂ければと思います。寄生蜂なら、ハンマーさんから、直接、標本を送って頂きます。


2014/08/30(Sat) 17:13 No.834
Re: ヤマコウバシハフクレフシ 投稿者:松尾和典

松尾です。オタマジャクシ型の幼虫とは、初めて拝見させていただきました。これまで見てきたコバチ類の幼虫とは全く異なる体型で、驚いています。発見時の様子から、湯川先生のおっしゃる通り、寄生蜂の可能性は高いと思います。もしよろしければ、観察させていただけませんでしょうか。どうぞ、よろしくお願いいたします。

2014/08/30(Sat) 18:26 No.836
Re: ヤマコウバシハフクレフシ 投稿者:湯川淳一

松尾さん:早速のコメントを有り難うございました。寄生蜂の幼虫だとすれば、非常に面白い形をしていますね。

ハンマーさん:直接、松尾さんに標本をお送り頂けないでしょうか? よろしくお願い申し上げます。


2014/09/09(Tue) 13:53 No.869
Re: ヤマコウバシハフクレフシ 投稿者:湯川淳一

ハンマー様: ヤマコウバシのゴールから得られたタマバエの幼虫と蛹の標本をお送り頂き、誠に有り難うございました。ヤマコウバシハフクレフシのタマバエは、蛹の形状や胸骨の形から判断しますと、Asphondyliini 族のようです。さすがに、クスノキ科のヤマコウバシを寄主植物とするだけのことはあります。しかし、Asphondylia や Asteralobia などとは、明らかに属が異なります。私は初めて見るものです。蛹は中期(複眼が黒くなっています)まで、発育が進んでいますので、間もなく成虫が羽化することと思います。ぜひ、成虫を羽化させて頂けますと有り難いです。このタマバエの次世代がどの植物で育つのか、大変興味があります。

2014/08/24(Sun) 20:50 No.786 ホームページ
セリミフクレフシ 投稿者:arisuabu

スレッド725でNabitaさんがご紹介して下さった、セリミフクレフシと思われるものを見つけました。
迂闊なことに採集し忘れてしまったので、写真だけ投稿いたします。

南 様
古いスレに投稿があった場合、そのスレがトップに来るような設定は可能でしょうか?
掲示板管理には大変なご苦労があることと思いますが、どうかご検討頂けましたら幸いです。


寄主植物:セリ
撮影年月日:2014年8月23日/北海道檜山郡厚沢部町
 

2014/08/24(Sun) 21:42 No.789 ホームページ
Re: セリミフクレフシ 投稿者:南 常雄

arisuabuさん、ご投稿ありがとうございます。北海道でもセリミフクレフシがあったんですね。
Nabitaさんのご投稿後、旭川近郊で探してみましたが見つけることができませんでした。

掲示板の仕様についてのご提案ありがとうございます。コメントの日付でソートをすることは可能ですが、スパムコメントを削除してから、日付を元に戻すためにはデーターファイルを訂正しなければなりません。その際、ミスがあると記事の表示ができなくなり、場合によってはデーターファイルが壊れてしまうことがありますので今までどうりに運用します。
現在、月に10件程度のスパム投稿があります。
管理人としては、先のスレッドに関連があっても、出来るだけ新たにスレッドを立ていただけるように、お願いしたいです。


2014/08/24(Sun) 22:58 No.791 ホームページ
Re: セリミフクレフシ 投稿者:arisuabu

別のものを撮影中、周りにセリがあることに気付き、探してみたら運良く見つけることが出来ました。

掲示板の仕様につきましては了解致しました。
同じネタなのに別スレッドを立てるのは申し訳ないと思ったためお伺いしてみたのですが、今後もしこのようなことがありましたら、直近に無い限りは新スレッドを立てさせて頂きます。
今後とも、よろしくお願い致します。


2014/08/24(Sun) 23:49 No.793 ホームページ
Re: セリミフクレフシ 投稿者:南 常雄

arisuabu さん、セリ科のゴールは、幼虫が脱出して越冬するものと、ゴール内に留まって地上に落下したゴール内で越冬するものがあります。生活史はゴールの成熟を待たなければ分かりませんが、幼虫が脱出するものはゴールが目に付くようになってから、1〜2週間ぐらいで脱出するのではないかと思います。
ぜひ近いうちに内部の幼虫の齢期を観察してみてください。2014/08/12(Tue)No.740 の湯川先生のコメントにもありますが、私が今までに観察したセリ科6種にゴールを形成するタマバエの3齢幼虫の胸骨は、2山形(Y字状)ではなく、すべて1本角でした。


2014/08/25(Mon) 17:52 No.795
Re: セリミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

arisuabu様:今回ご投稿頂いた写真で、セリミフクレフシの形状をはっきり把握することが出来ました。これまで、発見されている Kiefferia 属タマバエによるセリ科の実のゴールとは、やや、形状を異にしていますね。幼虫の胸骨の形が非常に気になります。次の機会に、ぜひ、ご確認頂けますれば嬉しいです。

2014/08/26(Tue) 22:33 No.820 ホームページ
Re: セリミフクレフシ 投稿者:arisuabu

南 様、湯川 様

幼虫の存在を確認出来なかったことが心残りだったので、近いうちに採集に赴きたいと思います。
観察することが出来ましたら、またご報告させて頂きます。


2014/08/23(Sat) 22:28 No.782 ホームページ
チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

チシャノキの虫えい 2014/08/04(Mon) 22:11 No.679 に勝瀬志保 様が、コメント欄に写真をご投稿してくれましたので紹介します。
 

2014/08/24(Sun) 08:36 No.784
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:勝瀬志保

もう一つ、特徴がありました。東側のたわわに実の付いたチシャノキは日向に生えていて終日陽が当たるように思います。西のチシャノキは石垣の陰だったり、大きなクスノキの傍だったり、どれも半日ほどは日陰になる場所のようにみえます。この日照が虫えいに適した条件の1つなのじゃないかなと考えました。

2014/08/24(Sun) 21:20 No.788 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

勝瀬さん、日向とか日陰などは、ゴール形成場所に影響があると思います。1本の木でも向きによって頻度が異なったり、林道の左右、斜面の向きなどでも似たような現象を経験しています。

2014/08/25(Mon) 19:02 No.796
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:湯川淳一

勝瀬様:チシャノキのゴールの形成場所について、コメントを有り難うございました。形成場所の違いによるゴールの数の多少は、よく見られます。年によって、あるいは、地方によって、その場所が変わることもあります。その理由を調べるのも大変面白い研究テーマです。
基本的には、♀がどのような場所を選んで産卵するかということが重要なポイントになります。また、産卵対象となる植物の部位の偏在や、産卵後の幼虫の生存率なども重要です。
例えば、シロダモタマバエが形成する葉のゴールは、九州南部では、日陰になる下枝の葉に多く見られますが、九州北部では、陽のあたる樹冠部の葉により多くゴールが見られます。九州南部では気温が高いために、シロダモタマバエの羽化時期が早くなり、樹冠より先に伸長する(不思議に思われるかも知れませんが、これは本当です)下枝の芽の伸長時期にシンクロナイズして、産卵します。九州北部では、南部より気温が低いため、シロダモタマバエの羽化が遅くなり、下枝の新芽の伸長時期に間に合わず、遅く伸長する樹冠の新芽にシンクロナイズしています。この結果、九州の南と北で、ゴールの形成される場所が異なるのです。熊本辺りは中間です。これも、その年の気温によって多少変化します。
チシャノキのタマバエの産卵行動の観察が重要です。もし、夜行性のタマバエなら、日向も日陰も関係なく産卵するかも知れませんが、昼行性なら、産卵時の寄主植物の産卵好適部位が、日向と日陰でずれているのかも知れませんし、♀は日向を避けて産卵しているかも知れませんね。大変面白い観察結果をご報告頂き感謝しています。誰か学生さんが興味を持ってくれると良いのですが。


2014/08/22(Fri) 21:37 No.778
イヌコリヤナギワカバマキフシ 投稿者:湯川淳一

宮崎市のT.S.さんより、イヌコリヤナギの若葉が巻いたゴールの写真と、中にいた幼虫の標本を送って頂きました。T.S. さんのお許しを得ましたので、ゴールの写真をアップ致します。7月に Nabita さんが投稿されたヤナギワカバマキフシより、かなり分厚いものでした。3齢幼虫も橙黄色で、長さが 5〜7mmもある大きいものでした。恐らく、別のタマバエによるワカバマキフシとする方が良いかも知れません。

寄主植物:イヌコリヤナギ
撮影年月日:2014年6月16日/宮崎市下北方町大淀川河川敷
 

2014/08/19(Tue) 21:18 No.768
ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:Nabita

8月10日黒石市の良く行くポイントで調査していて、ツルニンジンと思われる蔓植物があり、その徒長ぎみの蔓先に、同じ位置の葉と比べてアンバランスに大きく、淡い色の蕾がありました。2個採ってきて、内部を確認しましたところ、うち1個に黄色いタマバエ幼虫が入っていました。1例だけでは心元ないので、18日に再訪し、同じ個体を再度見直したところ、変形している蕾など、いかにもゴールではないかと思われるものが数個ありました。写真は形の歪んだ蕾です。

寄主植物:ツルニンジン?
撮影年月日:2014年8月18日/青森県黒石市
 

2014/08/19(Tue) 21:33 No.769
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:Nabita

他にも明らかに変形した蕾を含め、10個程の蕾を採ってきましたが、幼虫がいたのは上の写真で示した蕾だけで、この蕾には2頭の幼虫がいました。蕾の中には淡褐色の泥のようなものが付着していましたが、これはツルニンジンの組織が傷つくと分泌される乳液が濃縮されたものではないかと考えられました。蕾は愕がホオズキのようになったもので、内部に花弁や雄・雌蕊がありますが、その部分は黒く穴が開いていて、幼虫の摂食(吸汁?)部位なのでしょう。
幼虫が見つかる打率がよくありませんでしたが、複数例が確認されたことから、歪んだ蕾はタマバエのゴールで間違いないと思います。なお、ホストの植物は、これまでツルニンジンを認識したことがなく、自信がありませんので、後日花を確認できましたら、改めてコメントします。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/21(Thu) 21:57 No.772
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:湯川淳一

Nbita様:ツルニンジン?蕾のゴールのご投稿、有り難うございました。薄葉 (1980) 虫えい雑記 III. インセクト 31(2): 22-26. にツルニンジンメフシ(図鑑でツルニンジンメコブフシ D-0702に改称)が記録されています。図版を添付致しますので、比較して頂けますれば幸いです。記載は以下のようになっています。ツルニンジンの側芽・花芽?・葉柄などが準球状〜不整塊状に肥大したゴールである。緑白〜黄白色で長さ 4〜7mm、直径 3〜4mm ぐらいのものが多い。壁は比較的薄く内部は広い。1〜4匹の白色のタマバエ幼虫が見られる。(埼玉県吾野 1977年9月12日ゴール)。
なお、最近、兵庫県と茨城県で、ツルニンジンの花の中にタマバエの幼虫がいることが発見され、成虫も得られました。ゴールにはなっていないのですが、ツルニンジンハナフシ D-0704 と仮称し、区別しています。


寄主植物:ツルニンジン
撮影年月日:1977年9月12日/埼玉県吾野


2014/08/22(Fri) 07:56 No.775
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:Nabita

湯川先生、ご教示ありがとうございます。図鑑にリストアップされているツルニンジンメコブフシがどういうもので、薄葉先生が発見されたものであることがわかりました。これまで見た限りでは、部位ははっきりとわかるまで成長した蕾で、長さ・直径ともメフシより大きいこと、幼虫の色彩が黄色であることから、別のもののように思われます。幼虫のいる蕾は、変形していたり、色が淡かったりと、不正規なのは間違いありませんが、そのようなものに必ずいるわけではなく(脱出済みの場合もあるかもしれませんが、その場合でも粘液塊などは残っていると考えられます)、本当にゴールなのかははっきりしません。ハナフシと同じものである可能性は十分にあると思います。18日に見た時には、大きな蕾は2cm位になっていたので、そろそろ咲いている花もあるかと思います。自宅から30分位で行ける場所なので、花の中を含め、継続観察したいと思います。

2014/08/22(Fri) 17:11 No.776 ホームページ
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:南 常雄

湯川先生、Nabitaさん、コメントならびにご教示ありがとうございます。
こちらでもツルニンジンの蕾のゴールが見つかりました。ゴールは蕾の萼が袋状のまま生長が止まり、扁球形ないし卵形で、高さ8〜16mm、径6〜12mmで成熟したものはやや黄色をおびています。萼や花冠などの肥大や肥厚は見られませんが、幼虫は花冠や内部の雄しべなどを栄養源としているようです。3齢に達した幼虫は花冠から出て、萼の側面に脱出孔を開けて外に出ます。脱出した幼虫は地中に良くもぐるので、地中で越冬するものと思われます。採集したゴールは、1ゴールあたり1幼虫で、すべて3齢に達していました。幼虫は体長2.0〜2.5mm(生体)で黄色、胸骨は淡褐色ですが基部まで確認できます。幼虫脱出後のゴールは、黄変し花柄が枯れて欠落するようです。
以上、Nabitaさんのご投稿と、同様の結果が得られました。


寄主植物:ツルニンジン
撮影年月日:2014年8月22日/北海道旭川市


2014/08/22(Fri) 21:07 No.777
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:Nabita

南さん、早速に北海道でも確認していただき、ありがとうございました。また、ゴールの状態等について、一層詳らかにしていただき、大変参考になりました。蕾が変形していても、虫が見つからなかったものは、萼ではなく、まだ花冠の方にいたのかもしれません。追及が足りませんでした。
ハナフシやメコブフシも今後現れてくるかもしれませんので、この後もツルニンジンの観察が必要ですね。


2014/08/24(Sun) 20:49 No.785
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:Nabita

湯川先生、南さん、皆さま、本日24日現地に再訪したところ、ひとつだけ開花した花があり、ツルニンジンと確認できました。あやふやな投稿をして申し訳ありませんでしたが、結果的にはすぐに南さんに再確認していただき、投稿してよかったと思いました。一応、花の中もざっと見ましたが、タマバエの幼虫は見えませんでした。

2014/08/24(Sun) 21:13 No.787 ホームページ
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、寄主のけん、情報をありがとうございます。
今後、キキョウ科の蕾は観察の対象にしていきます。


2014/08/29(Fri) 20:01 No.832
Re: ツルニンジン?蕾のゴール 投稿者:Nabita

ツルニンジンの産地に花の様子を見に行ったところ、10花ほどが咲いており、中を覗いてもタマバエの幼虫は見つけられませんでしたが、成虫はいました。成虫がいたのは隣合った2花で、併せて3頭いました。サンプル瓶を被せて採集を試みましたが、1頭には逃げられ、1♂1♀が採集できました。アルコールに浸けておきましたので、後日湯川先生に見ていただきたいと思います。

寄主植物:ツルニンジン
撮影年月日:2014年8月28日/青森県黒石市


2014/08/17(Sun) 22:30 No.765 ホームページ
オオイタドリツボミフクレフシ 投稿者:南 常雄

昨年8月に採集したオオイタドリツボミフクレフシ C-2395b から脱出したタマバエの3齢幼虫を飼育していたところ、2014.08.07から成虫の羽化がはじまりました。現在も羽化が続いていますが、フィールドではゴールが完成する時期なので、写真を紹介します。
雌雄の蕾に形成されますが、雄花に形成されているものは、花が散った後にゴールが残っているので、探しやすいと思います。雌花に形成されるゴールは果実と似ていますが、ゴールは円みをおびるので見つけることはできます。3齢に達した幼虫は成熟したゴール内にとどまり、地上に落下したゴール内で越冬します。北海道では海岸から内陸まで分布します。


寄主植物:オオイタドリ
撮影年月日:2013年8月26日/北海道旭川市
 

2014/08/21(Thu) 22:24 No.773
Re: オオイタドリツボミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

南様:オオイタドリツボミフクレフシ C-2395b から脱出したタマバエの羽化が始まった由、貴重なご報告、誠に有り難うございました。南さんの飼育技術には舌を巻きます。成虫の標本もお送り下さり有り難うございました。早速、検鏡致しましたところ、このタマバエは、ハリオタマバエ類やウロコタマバエ類ではなく、Cecidomyiidi 上族のタマバエのように思えます。属の同定は、プレパラート標本を作成してからになります。イタドリツボミフクレフシ C-2395a は福岡県で見つけています。全国各地に分布していることと思います。今がゴールを見つけ易い時期ですね。
ちなみに、イタドリがヨーロッパに侵入し、オオイタドリ以上の大きさになり、蔓延っているようです。雑草防除に使える昆虫を捜しているようですが、なかなか見つからないようです。


2014/08/21(Thu) 23:09 No.774 ホームページ
Re: オオイタドリツボミフクレフシ 投稿者:南 常雄

湯川先生、お忙しい中、コメントならびにご教示ありがとうございます。
2007年に発見以来、7年もかかってしまいましたが、その間、湯川先生にはご教示を賜り、少しは飼育や観察が上手になったのではないかと自惚れております。


2014/08/25(Mon) 21:34 No.809
Re: オオイタドリツボミフクレフシ 投稿者:Nabita

南さん、湯川先生、皆さま、予想通りではありますが、青森県でもオオイタドリツボミフクレフシが見つかりました。今のところ、8月24日に見つかった黒石市の1地点だけですが、今後もイタドリ類があったら探してみます。

2014/08/26(Tue) 22:28 No.819 ホームページ
Re: オオイタドリツボミフクレフシ 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、探していただいてありがとうございます。
飼育によっての羽化は終わりました。家の前にオオイタドリが生えていて、毎年ゴールが形成されます。


2014/08/12(Tue) 14:06 No.743
ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:mikuriya

8月9日に箱根外輪山の金時山で撮影した虫えいの写真を見ていただけますでしょうか。
ブナハフトツノフシかと思いましたが、ブナハフトツノフシは『日本原色虫えい図鑑』では葉表に形成されるとありますが、採集した個体は葉裏に形成されています。この点についもご教示いただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。


寄主植物:ブナ
撮影年月日:2014年8月9日/神奈川県箱根町
 

2014/08/13(Wed) 18:51 No.752
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:湯川淳一

mikuriya様:ブナでこのようなゴールを見たことがありません。もちろん、ブナハフトツノフシではありません。中にはタマバエの幼虫がいましたでしょうか? もし、タマバエのゴールでしたら、新発見かも知れません。このゴールはツノフシ系ではなく、ハミャクフシ系だと思います。ブナハミャクコブフシと言うのがありますが、もっと細いものです。図鑑のブナハフトツノフシの写真は褐変していて孔があき、誤同定を引き起こし易く、誠に申し訳なく存じます。このゴールは、津田清(1982)Satsuma 88: 117-128 で記録されたもので、皆様のお目に触れにくい文献だと存じますので、ゴールの図と説明文をアップ致します。今後のご参考になさって頂けますれば幸甚です。先ずは、ブナハフトツノフシだけ拡大して添付します。

寄主植物:ブナ
撮影年月日:1981年5月14日/大分県祖母山


2014/08/13(Wed) 18:52 No.753
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:湯川淳一

mikuriya様:引き続きブナのタマバエゴールです。

2014/08/13(Wed) 18:54 No.754
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:湯川淳一

皆様へ:ブナのタマバエゴール(1)

寄主植物:ブナ
撮影年月日:1982年月日/Satsuma 88:117-128


2014/08/13(Wed) 18:56 No.755
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:湯川淳一

皆様へ:ブナのタマバエゴール(2)です。

寄主植物:ブナ
撮影年月日:1982年月日/Satsuma 88:117-128


2014/08/13(Wed) 19:00 No.756
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:湯川淳一

皆様:ブナタマバエ類のゴールの説明文です。以上です。

寄主植物:ブナ
撮影年月日:1982年月日/Satsuma 88:117-128


2014/08/13(Wed) 23:13 No.757
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:mikuriya

湯川淳一先生

コメントをありがとうございました。
採集した虫こぶ四つのうち三つは、既に成虫が抜け出たあとでしたが、一つだけ幼虫が入っていました。画像を添付しますので、ご覧いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。


寄主植物:ブナ
撮影年月日:2014年8月13日/神奈川県箱根町


2014/08/14(Thu) 12:58 No.758
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:湯川淳一

mikuriya様:写真の幼虫はタマバエの幼虫ではありません。寄生蜂の幼虫かも知れません。もし、タマバエが形成者だとすれば、恐らく、成虫が直接ゴールから脱出するのではなく、幼虫が脱出して、地中で越冬するのだと思います。落葉樹のタマバエゴールは、たいてい、このパターンです。寄生蜂なら、ゴールから成虫が脱出することがあるかもしれません。それから、ご投稿頂いたゴールの付いたブナの葉の写真は、私が日頃見慣れているブナの葉より葉縁の凹凸が大きくて、葉身も分厚い感じがします。いつも九州のブナを見慣れていることによる気のせいかも知れません。その付近のブナの葉は、そのような特徴があるのでしょうね。

2014/08/14(Thu) 16:21 No.759
Re: ブナハフトツノフシでしょうか 投稿者:mikuriya

湯川淳一先生
コメントをありがとうございました。これからも、このゴールらしきものの観察を続けていきたいと思います。
ブナの葉の違いについてのご指摘も興味深く感じました。今後意識してみたいと思います。
今後ともご指導よろしくお願いいたします。


2014/08/11(Mon) 22:10 No.733 ホームページ
クマイチゴの虫こぶ 投稿者:arisuabu

クマイチゴの葉で虫こぶを見つけました。
持ち帰って実体顕微鏡で見てみましたが、形成者は見つけられませんでした。
しかし形状から、フシダニによるものと思われます。
図鑑などでは見当たりませんでしたが、ネットで検索すると、同種と思われる虫こぶが、群馬と島根で撮影されていました。
北海道では初めてかもしれませんので、ご報告いたします。


寄主植物:クマイチゴ
撮影年月日:2014年8月9日/北海道檜山郡厚沢部町
 

2014/08/12(Tue) 10:22 No.736
Re: クマイチゴの虫こぶ 投稿者:湯川淳一

arisuabu様:投稿のクマイチゴの虫こぶはフシダニによるものだと思います。私も、あちこちで何度か見つけたことがあるのですが、タマバエのゴールではなかったので、名前もつけずにそのままにしていました。

2014/08/11(Mon) 21:01 No.727
アカソハコブフシ 投稿者:Nabita

「虫えい図鑑」のリストのみに掲載のアカソハコブフシと思われるものを撮りました。まずは葉表の写真です。以下データ等は同じです。

寄主植物:アカソ
撮影年月日:2014年8月9日/青森県外ヶ浜町(旧三厩村)
 

2014/08/11(Mon) 21:03 No.728
Re: アカソハコブフシ 投稿者:Nabita

続いて裏面の写真になります。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/11(Mon) 21:09 No.729
Re: アカソハコブフシ 投稿者:Nabita

ゴールの内部は透明な液体で満たされており、その中に白色のタマバエ幼虫が浸かっていました。なお、上で示した全形写真の6個のゴールのうち、無事なものは1個だけで、残りは全て寄生バチの攻撃を受けていました。ゴール内部の写真はもう少し若い葉のゴールのものです。
右に写っている一部赤みのある虫はゴール外にいたクダアザミウマの幼虫です。

毎度ながら連投申し訳ありませんでした。ゴマナ?メウロコフシとノブドウツボミフクレフシの記事にもコメントと写真を貼ってありますので、併せてご覧いただければ嬉しいです。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/11(Mon) 21:59 No.731 ホームページ
Re: アカソハコブフシ 投稿者:arisuabu

Nabita 様
こちらでも以前、同様のゴールを見つけました。
まだ1度しか見つけていないので、再発見したいと思って探しています。


寄主植物:アカソ
撮影年月日:2012年10月21日/北海道檜山郡厚沢部町


2014/08/12(Tue) 08:05 No.735
Re: アカソハコブフシ 投稿者:Nabita

arisuabuさん、北海道での確認例もご紹介いただきありがとうございました。場所は道南のようで、南さんの近所にはいないのかもしれませんね(とは言え、私も初めての確認で、紹介した1か所でしかまだ見ていません)。葉裏側写真のゴールがやや褐色に見えることから、寄生されたゴールだったのでしょうか。私が切ったものでは、寄生バチが付いたゴールでは、内部の水分がなくなり、その固形分がこびりついたのか、幼虫室内面は褐色になっていました。

2014/08/12(Tue) 10:35 No.737
Re: アカソハコブフシ 投稿者:湯川淳一

Nabita様:ご投稿の写真はアカソハコブフシ (C-2355a) だと思います。これまで、栃木、東京、山梨で見つかったデータが私の手元にあります。
arisuabu様:北海道でも見つかっているのですね。もし、データを教えて頂けますれば、記録しておきます。
アカソ以外に、コアカソハコブフシ C-2355b) が福岡で、ミズナハコブフシ (C-2355c) が愛知で見つかっています。これらの寄主植物にハコブフシを形成するタマバエは、成虫が得られていませんので、まだ、同定されていませんが、恐らく、同一種である可能性があります。DNA 解析待ちです。


2014/08/13(Wed) 01:07 No.749 ホームページ
Re: アカソハコブフシ 投稿者:南 常雄

ご投稿ならびにコメントをありがとうございます。
旭川周辺に観察に適したアカソの生育地が少なく、2年前の8月に八雲町で観察しましたが、アカソミトゲフシしか見つけられませんでした。


2014/08/11(Mon) 20:53 No.725
セリミフクレフシ 投稿者:Nabita

「虫えい図鑑」のリストのみに掲載のセリミフクレフシと思われるものを撮りました。

寄主植物:セリ
撮影年月日:2014年8月9日/青森県今別町
 

2014/08/11(Mon) 20:57 No.726
Re: セリミフクレフシ 投稿者:Nabita

セリ科の通例として、果実内の種子室は2個のようですが、幼虫は1頭のみが多いようでした。切開したうち、1例だけそれぞれの室に1頭ずつ入っていたものがありましたが、大きさが異なり、同時に産卵されたものではないのかもしれません。
データは全形写真と同じですが、ゴールは同じ日に中泊町(旧小泊村)でも見られました。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/12(Tue) 11:39 No.740
Re: セリミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

Nabita様:セリミフクレフシのご投稿、有り難うございました。このゴールはハリオタマバエ上族の Kiefferia sp. によって、形成されたものだと思いますが、念のため、幼虫の胸骨をご確認頂けますれば幸いです。この属のタマバエの3齢幼虫の胸骨の先端は、二山形に分かれておらず、1本角になっていますので、容易に判別できます。
Kiefferia 属は世界で1種だけ、K. pimpinellae がヨーロッパなどでノラニンジンなどにミフクレフシを形成することが知られています。日本では、南さんのご尽力で、セリ科のアマニュウ C-4311 やエゾニュウ C-4312、エゾノヨロイグサ C-4313、カノツメソウ C-4314、ヤブジラミ C-4317などのミフクレフシから標本が得られました。また、群馬県からシシウドミフクレフシ C-4315 の標本も得られています。韓国でもセリ科のミフクレフシを採集することができました。
日本産や韓国産も K. pimpinellae と同一種ではないかと予想して、現在、DNA 解析を急いでいます。同時に、寄主範囲が明らかになります。予備的な 系統樹はできているのですが、Nabita さんが採集されたセリ C-4316 からの標本は今回の解析に入っていませんので、ぜひ、標本をお送り頂けますようお願い申し上げます。ちなみに、エゾニュウからの標本は、少しだけ、塩基配列が異なるようで、興味を持っています。成虫標本が得られますと、走査電顕で形態的な比較が可能になります。南さんが飼育に成功されたようですので、形態比較が楽しみです。世界で2種目の新種になると良いのですが。


2014/08/13(Wed) 06:22 No.750 ホームページ
Re: セリミフクレフシ 投稿者:南 常雄

Nabita様、セリミフクレフシの写真をご投稿いただきありがとうございます。
以前から探してはいたのですか、見つけることができませんでした。道内でも可能性があると思いますので、これからも気をつけて観察したいと思います。
湯川先生、セリ科のゴールをご紹介たまわりありがとうございます。


2014/08/11(Mon) 20:41 No.723
ミゾソバのハベリマキフシ? 投稿者:Nabita

得意技になりつつある、ハマキ/ハベリオレ系のゴールを紹介します。いつもいくポイントにミゾソバの大きな群落があり、何気なく眺めていたら葉縁が裏側に巻き込まれたものがありました。写真は葉裏側から撮ったもので、表面側からのものはすごいピンボケでした(苦笑)。この葉縁の巻かれた内側は、何かが住んでいたと思わせる状態でしたが、何もいませんでした。

寄主植物:ミゾソバ
撮影年月日:2014年8月10日/青森県黒石市
 

2014/08/11(Mon) 20:45 No.724
Re: ミゾソバのハベリマキフシ? 投稿者:Nabita

ゴールもどきを紹介してもしょうがありませんが、実は表側から撮ったのには写っていた、もう1枚上の葉の葉縁巻の中に、1頭だけタマバエの幼虫がいました。大きな群落でしたので、他の株でも似た状態の葉を数枚採ってきておりましたが、幼虫がいたのはこのたった1枚の1頭だけでした。ただし、他の多くの葉も巻かれた内側に褐点があったりして、ゴールだったのではないかと思われました。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/12(Tue) 11:48 No.741
Re: ミゾソバのハベリマキフシ? 投稿者:湯川淳一

Nabita様:ミソソバからのタマバエゴールは、これまで、知られていません。タマバエがハベリマキフシの形成者であることを願います。単独ですと捕食者の可能性もありますが、幼虫が活発に歩き回らず、体表に比較的長い毛がなければ、捕食者ではない可能性大です。

2014/08/18(Mon) 21:48 No.767
Re: ミゾソバのハベリマキフシ? 投稿者:Nabita

湯川先生、皆さま、その後ミゾソバのハベリマキらしきを別の場所でも見つけて、中身を確認しましたら、湯川先生ご教示の体表に毛のある捕食性らしき幼虫が入っていました。しかし、先に見つけたような一般的な葉巻型ゴールに入っている白色の幼虫はいませんでした。黒石市の現地にはこれからも行くつもりですので、今後も注意して探したいと思います。

寄主植物:ミゾソバ
撮影年月日:2014年8月12日/青森市(旧浪岡町)


2014/08/11(Mon) 17:23 No.720 ホームページ
ハチジョウナハフクレフシ 投稿者:南 常雄

ペットボトルの中で、3世代目の成虫が羽化しています。2世代目の成虫が産卵した4枚の葉に多数のゴールが形成され、そこから地上に脱出した幼虫が地表で蛹化し、羽化してきました。8/8から羽化がはじまり、毎日羽化がつづいていて、今日は容器内に10匹ほど飛んでいました。3世代目のゴールが形成されるのではないかと期待しています。
こちらは、朝夕の気温差が大きく、羽化がはじまってから室内で観察をしているのですが、それでも容器の内壁に露がうつので、毎夕、成虫が死んだ頃を見計らって、容器の水滴を拭いたり掃除をしています。

ペットボトルの底側を鉢にして、ハチジョウナの苗を苫前町の海岸で採取移植しました。蓋はペットボトルの底を切り取って上部を鉢にかぶせて密閉状態にしています。上部の蓋に虫が出入りできないくらいの小さい空気穴を用意していますが、間にあいません。


寄主植物:ハチジョウナ
撮影年月日:2014年8月11日/北海道旭川市
 

2014/08/11(Mon) 21:22 No.730
Re: ハチジョウナハフクレフシ 投稿者:Nabita

南さん、申し訳ありません、折角ハチジョウナハフクレフシの記事を書いてくださったのに、上に三つも新規投稿をして、南さんの記事を埋めてしまいました。
容器内の結露を抑えるためには、ペットボトルの側面を大きくカットして、そこに補虫網に使うテトロンゴース、古いナイロンストッキング、使い捨てマスクの不織布などを貼るというのはいかがでしょうか。四角い断面のペットボトルを使えば加工も難しくないかと思います。
南さんは飼育も積極的にされていて、頭が下がります。私はズボラなので、飼育は大不得意です。そのため、とりあえず定性的な調査のみを行っていますが、植物も詳しくないので、調べることが一杯です。


2014/08/11(Mon) 22:29 No.734 ホームページ
Re: ハチジョウナハフクレフシ 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、ありがとうございます。網掛けと言う方法がありましたね。フィールドではゴールに網掛けをすることはありますが、気が付きませんでした。飼育は得意ではありませんが、成功すると達成感があって結構はまります。

8月中に3世代目のゴールができて、昨年9月にNabitaさんが苫小牧で観察されたゴールは4世代目になりそうです。2〜3日中に羽化が終わると思いますが、採集地と同期しているか苫前町に今週中に観察に行ってきます。


2014/08/09(Sat) 11:52 No.693
残暑お見舞い申し上げます 投稿者:湯川淳一

皆様へ:残暑お見舞い申し上げます。しばらく夏休みを頂いておりましたので、すぐに、ご投稿にお答えできなくて申し訳ございませんでした。加齢と共に旅の疲れが長く残るようになりました。やっと元通りになりましたので、これからは、なるべく早くお答え致します。台風が近づいています。進路に当る皆様方の被害がありませんように、お祈りしています。
 

2014/08/09(Sat) 17:41 No.699 ホームページ
Re: 残暑お見舞い申し上げます 投稿者:南 常雄

湯川先生、ご丁寧にご挨拶を賜り、ありがとうございます。
先生にはお忙しい中、まいまい早々にコメントならびにご教示を賜り、感謝申し上げます。大変ありがたいのですが、時間の許す時にお付き合いいただければ光栄です。ご自愛ください。
大雨につづいての台風11号、九州、四国あたりに上陸したようですね。このまま日本海へ抜けると旭川も要注意です。


2014/08/07(Thu) 20:20 No.689 ホームページ
カマツカの虫こぶ 投稿者:arisuabu

カマツカ葉上に、小さな虫こぶが形成されていました。
持ち帰って割ってみましたが、形成者の姿は確認出来ませんでした。
不十分な観察ですが、原色図鑑にも北海道の虫えいにも載っていないようでしたので、一応ご報告いたします。


寄主植物:カマツカ
撮影年月日:2014年8月6日/北海道厚沢部町
 

2014/08/07(Thu) 20:24 No.690 ホームページ
Re: カマツカの虫こぶ 投稿者:arisuabu

サイズは高さ約3mm、幅約1mmと小さいです。
サイズや形状的には、北海道の虫えいに掲載されているエゾノウワミズザクラハツノフシに似ています。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/07(Thu) 22:36 No.692 ホームページ
Re: カマツカの虫こぶ 投稿者:南 常雄

arisuabuさん、ご投稿ありがとうございます。
エゾノウワミズザクラハツノフシのように、フシダニの1種によって形成されたゴールだと思います。葉表に突出するゴールは、虫室から葉裏に通じる筒状の穴が開いているので、ゴールを縦に切り開くと確認できると思います。この手のゴールは、よほどたくさんのダニが入ってないと、見ることは難しいようです。
ダニ以外で同様のゴールを作るのかどうかは、分かりません。


2014/08/09(Sat) 12:10 No.694
Re: カマツカの虫こぶ 投稿者:湯川淳一

arisuabu様:カマツカの葉上に形成された写真のようなゴールを初めて拝見致しました。南さんのおっしゃる通り、フシダニのゴールかも知れません。クロヨナ (C-340) や、キハダ (C-360) 、シナノキ (C-401) などにも、葉上に長い角状のフシダニゴール が形成されます。これまで、カマツカで発見されているタマバエのゴールは、カマツカハミャクコブフシとカマツカハイボフシ、カマツカミフクレフシの3種類です。

2014/08/09(Sat) 20:48 No.702 ホームページ
Re: カマツカの虫こぶ 投稿者:arisuabu

南 様
ご教示ありがとうございます。
これを見つけた場所には、カマツカはそこそこ生えているのですが、他の株では見つけられませんでした。
虫こぶも、ほとんどが1枚の葉に1個だけで、数はとても少なかったです。
あまり採集してしまうと影響があるかもしれないので、あとちょっとだけ取ってきて、形成者を探してみようと思います。

湯川 様
帰宅してから図鑑を見て、お書き下さった虫こぶがあることを知りました。
今度現地に行った時には、それらもあるかどうか探してみます。
この虫こぶについては、「カマツカハツノフシ」の仮称で整理しておこうと思います。


2014/08/04(Mon) 22:11 No.679 ホームページ
チシャノキの虫えい 投稿者:よしゆき

ご無沙汰しています。またお尋ねさせていただきます。
チシャノキの果実に混じって直径2cmくらいに膨らんだ袋状のものがついていました。横に切ってみると数個の室があり、中に蛹のようなものがいるようでした。「日本原色虫えい図鑑」を見てもチシャノキの虫えいは載っていないようです。ネットで見ると他にも似たような画像が少しありましたが、この虫えいの名前はまだないのでしょうか。
よろしくお願いします。


寄主植物:チシャノキ
撮影年月日:2014年8月2日/島根県松江市
 

2014/08/04(Mon) 22:13 No.680 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:よしゆき

虫えいを横に割った様子です。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/04(Mon) 23:04 No.682 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

よしゆき様、ご投稿ありがとうございます。こちらでは寄主が無いので観察できそうにありませんが、迫力のあるゴールですね。

2014/08/05(Tue) 00:28 No.684 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:よしゆき

南さん、コメントありがとうございました。
ネットを探す中で南さんのコメントのあるブロブがありました。そこで書かれているタマバエによる「チシャノキツボミフクレフシ」というものに似ているように思いました。


2014/08/05(Tue) 06:15 No.685 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

よしゆきさん、ありがとうございます。
すっかり失念していました。あらためてゴールの表面を見てみると、花の組織の名残が見られますね。
手元にある PDF「種子島で発見されたタマハエのゴール」にもチシャノキツボミフクレフシが載っているのに勉強不足です。
「種子島で発見されたタマハエのゴール」はネットでも閲覧できます。
http://systemeco.digi2.jp/Lab_of_Syst_Ecol.html/Publication_files/%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E3%82%892013Satsuma.pdf


2014/08/09(Sat) 12:42 No.695
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:湯川淳一

よしゆき様:チシャノキツボミフクレフシは、鹿児島県の種子島で 2010 年に初めて発見されました。虫えい番号を D-1211 としています。まだ、幼虫しか得られていませんので、種の同定はできていません。その後、このゴールは福岡でも見つかっています。島根県では初めてです。
湯川・徳田・尾形・鏑木 (2013)「種子島で発見されたタマハエのゴール」Satsuma 150: 48-61 の PDF は、一部の方々にお送り致しました。もし、ご希望でしたら、南さんにご連絡下さい。南さん、お手数をおかけして恐縮ですが、お手元の PDF を送って上げて下さい。虫えい図鑑以降に発見されましたタマバエゴールにつきましては、私のブログ <http://d.hatena.ne.jp/cecidoYJ/> をご覧頂き、ご希望の論文がございましたら、合わせて、南さんにお知らせ下さい。


2014/08/10(Sun) 09:52 No.707
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:勝瀬志保

始めて投稿させていただきました。よろしくお願いします。湯川先生には2、3年前いろいろ教えていただき、以来このブログはたのしみに毎日読ませていただいているのですが、自分が見つけるとなるとなかなか難しいですね。
今朝、福岡市の舞鶴城址で写真撮影していたら、チシャノキツボミフクレフシなのじゃないかと思われるゴールが落ちていました。傍に大きなチシャノキが立っているのですがよく探すと、カラスの剪定による実の付いた枝先に混じって、あちらにもこちらにも、目につくのを短時間拾い集めただけで10個ほど。昨日からの強い風で落ちたのか、カラスが蛋白源だと採取して中の蛆もろとも食べているのか。他の木でもカラスが枝先をついばんでいるのを見かけたので、チシャノキの実はまだ熟していないのに消化できるのだろうかと不思議に思っていたのですが、目的はこっちだったのかも知れないなぁと推測したことでした。イスノキのゴールはカラスが割って食べているのを目撃したことがあります。


寄主植物:チシャノキ
撮影年月日:2014年8月10日/福岡市舞鶴城址


2014/08/10(Sun) 14:21 No.709
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:湯川淳一

勝瀬志保様:福岡市の舞鶴城址で撮影されたチシャノキの虫えいの写真をご投稿頂き有り難うございました。勝瀬さんには、屋久島のタマバエの PDF をメールでお送り致します。それにしても、カラスがこのタマバエの死亡要因になっている可能性があるとはびっくりしました。鳥がゴールの中身を食べる例として、ケヤキハフクロフシ (C-206) の中のアブラムシがスズメに食べられることが虫えい図鑑に書かれています。また、屋久島では、イスノキの大きな虫こぶの中のアブラムシをヤクザルが食べるというのを聞いたことがあります。

2014/08/10(Sun) 22:48 No.714 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

勝瀬様、はじめまして。よろしくお願いします。
こちらではチシャノキツボミフクレフシは見ることができないので、大変興味深く拝見いたしました。
冬にヤナギの樹上のゴールで越冬している幼虫を掘り出して食べているキツツキを見たり、食痕を見ることがありますが、夏場も気をつけて観察してみます。


2014/08/21(Thu) 11:09 No.770
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:勝瀬志保

先回投稿して2日後ぐらいに同じ場所を歩いたら、12個の虫えいだけが消えていました。犯人はカラスかなとますます疑いを濃くしました。
その場所から300メートルほど西に、枝を目の高さまで垂らしたチシャノキがあったのですが、見ると虫えいが鈴なり。


寄主植物:チシャノキ
撮影年月日:2014年8月21日/福岡市舞鶴城址


2014/08/21(Thu) 14:52 No.771 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

勝瀬様、見事なチシャノキのゴールの写真をありがとうございます。
1個のゴールにたくさん幼虫が入っているようですが、加害は蕾だけなので木が弱ってしまうようなことは無いのでしょうか。いっせいに羽化したら、大量発生ですね。


2014/08/23(Sat) 13:58 No.779
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:勝瀬志保

そうかと思い、南さんの視点でもう一度チシャノキを眺めてみました。おもしろい展開です。
舞鶴城址には梅園、桜園、天守台と高台になって北と南を結ぶラインがあります。
私が最初に実が熟れていないのにカラスがたむろして何かついばんでいると木になったのがこれ。梅園西下に立っています。実は結実せず、樹勢も心なしか弱っているようにみえます。

先回アップした鈴なりのチシャノキはこのラインから西に一番遠い城郭内。実は目立ちませんでした。


寄主植物:チシャノキ
撮影年月日:2014年8月23日/福岡市舞鶴城址


2014/08/23(Sat) 13:59 No.780
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:勝瀬志保

次に雨風の翌朝、下に落ちた虫えいを見つけたのがこれで、天守台の西に立つ多聞櫓下の広場です。望遠レンズで見上げたらまだ木にたくさん虫えいが付いていました。やはり実は結実していません。

寄主植物:チシャノキ
撮影年月日:2014年8月23日/福岡市舞鶴城址


2014/08/23(Sat) 14:00 No.781
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:勝瀬志保

そしてこれが平和台上がり口の蓮堀際、つまりラインより東側に立つチシャノキ、健全でたわわに実を付けていました。その他の東側のチシャノキ2本にも虫こぶはなく、正常に実が付いています。

ちょっとした高低差が超えられなかったのでしょうか?


寄主植物:チシャノキ
撮影年月日:2014年8月23日/


2014/08/23(Sat) 22:48 No.783 ホームページ
Re: チシャノキの虫えい 投稿者:南 常雄

勝瀬様、ご投稿ありがとうございます。ゴールができたところは他の花が結実しないというのは、刺激の強い何かを分泌して、ゴールを生長させるために摘果するって考えたら面白いですね。

2014/08/04(Mon) 21:16 No.677
ボダンズルのハマキフシ 投稿者:Nabita

連投で申し訳ありません。ボタンズルにもハマキ型のゴールがありました。8月3日に黒石市と青森市で見つけました。全形写真は黒石産です。

寄主植物:ボタンズル
撮影年月日:2014年8月3日/青森県黒石市
 

2014/08/04(Mon) 21:18 No.678
Re: ボダンズルのハマキフシ 投稿者:Nabita

いずれのゴールにも白色のタマバエ幼虫がいましたので、幼虫の写真は青森市産の方を貼ります。

寄主植物:ボタンズル
撮影年月日:2014年8月3日/青森市


2014/08/09(Sat) 12:53 No.696
Re: ボダンズルのハマキフシ 投稿者:湯川淳一

Nabita様:ボタンヅルハマキフシは、初めて拝見致しました。新発見ゴールだと思います。幼虫はジャンプするでしょうか? ハマキフシやハベリマキフシで幼虫がジャンプする場合は、Contarinia 属の可能性大です。
ちなみに、キンポウゲ科のタマバエゴールのリストを付けておきます。
サラシナショウマツボミフクレフシ;イヌショウマツボミフクレフシ;オオバショウマツボミフクレフシ;ショウマツボミフクレフシ;クサボタンツボミフクレフシ;アキカラマツクキフクレフシ;クサボタンハベリフクレフシ;クサボタンハグキフクレフシ;サラシナショウマクキフクレフシ;センニンソウクキコブフシ(採集記録不明);ハンショウヅルハフクレフシ;ハンショウヅルハコブフシ;ボタンヅルハコブフシ;ミヤマカラマツミヒラタフシ。


2014/08/09(Sat) 21:50 No.704
Re: ボダンズルのハマキフシ 投稿者:Nabita

湯川先生、ボダンヅルとフジのゴールについても、ご教示ありがとうございます。ゴール内部の確認は、ほとんどの場合職場の撮影装置付の実体顕微鏡で行っております。観察する時間ができるまで冷蔵庫に入れておきますので、本来であればジャンプすると考えられる種であっても、ほとんど跳ねるところは見たことがありません。その後の幼虫もアルコールに浸けてあり、後日お送りしたいと思います。外部形態だけでも、湯川先生にご覧いただければ、何かわかることがあるのではないかと考えます。なお、9日も結構ボタンヅルなどキンポウゲ科の種も見られましたが、ゴールは全く見つけられませんでした。

2014/08/04(Mon) 21:09 No.675
フジのハマキ/ハオレ型ゴール 投稿者:Nabita

フジの土用芽?が伸びたものが、色が薄黄色で葉が閉じて捻じれているものがありました。

寄主植物:フジ
撮影年月日:2014年8月3日/青森県黒石市
 

2014/08/04(Mon) 21:11 No.676
Re: フジのハマキ/ハオレ型ゴール 投稿者:Nabita

閉じて捻じれた葉は、ドリルの刃を思わせるものでしたが、中を覗くと白色のタマバエ幼虫がいました。
「虫えい図鑑」のリストにあるフジハネジレフシになるのでしょうか。
データ等は同じです。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/09(Sat) 19:44 No.700
Re: フジのハマキ/ハオレ型ゴール 投稿者:湯川淳一

Nabita様:恐らく、ご賢察の通り、このゴールは矢野俊郎先生が 1964年に「松山市の虫えい」、愛媛高校理科(愛媛県高校教育研究会理科教育部会)No. 1:66-80 に記録されたものと同じ種類のゴール(フジハネジレフシ C-3472)だと思われます。私も実物は見たことがありません。今後、フジハオレフシやフジヘベリマキフシなどを形成するタマバエとの形態的特徴や塩基配列の比較が必要です。

2014/08/04(Mon) 20:56 No.673
ゴマナ?のメウロコフシ 投稿者:Nabita

4週間ぶりに、ナワシロイチゴメナガツボフシやミツバハマキフクレフシなどが見られた三沢市へ行ってみました。ナワシロイチゴにメナガツボフシは沢山ありましたが、枝の片側が膨れたゴールは発見できませんでした。クキコブフシはちらほら見られるようになっていました。
さて、前回の調査でハクボミフシがあったので、ゴマナかと思っていた植物にメウロコフシが結構見られました。茎の上部から頂芽を含めた数節の芽が硬い手触りのゴールになっているものです。「虫えい図鑑」のタマバシロヨメナメウロコフシと同じ形成者によるものではないかと考えられます。どちらの植物にしろシオン属ですので、共通のゴールがあっても不思議ではありませんが、後日花も確認してみたいところです。なお、写真右下に葉にハクボミフシも写っています。


寄主植物:ゴマナ?
撮影年月日:2014年8月2日/青森県三沢市
 

2014/08/04(Mon) 21:02 No.674
Re: ゴマナ?のメウロコフシ 投稿者:Nabita

頂芽のゴールの内部です。成熟したゴールの幼虫室は木質化して硬く、この頂芽には数個のタマバエの繭が入っていました。側芽のゴールは見た範囲では単独で、繭になっているもの、タマバエ幼虫に寄生バチ幼虫が取りついているもの、寄生バチの蛹があったものなど、さまざまでした。若いゴールは内部も柔らかく、ゴール先端から鱗片化した葉を引き抜いていくと、簡単に幼虫室に到達できました。
データ等は同じです。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/04(Mon) 23:10 No.683 ホームページ
Re: ゴマナ?のメウロコフシ 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
どれも初めてのゴールばかりです。ボタンズルはこちらには無いようですが、ハクボミフシやメウロコフシはエゾゴマナにも形成されるかも知れませんね。


2014/08/09(Sat) 19:58 No.701
Re: ゴマナ?のメウロコフシ 投稿者:湯川淳一

Nabita様:ゴマナのメウロコフシは初めてのものです。これまで、キク科では、ヤマシロギク(福岡、鹿児島)や、タマバシロヨメナ(新潟)、シロヨメナ(岩手、福岡)、ノコンギク(岩手、東京、長野)からメウロコフシが見つかっています。すべて、Aster 属ですので、DNA 解析をすれば、同種であることが判明する可能性があります。花が咲いて、ゴマナと確認されましたら、ぜひ、お知らせ頂けますれば有り難いと存じます。

2014/08/09(Sat) 21:36 No.703
Re: ゴマナ?のメウロコフシ 投稿者:Nabita

湯川先生、メウロコフシは各地でいろいろなAster属で確認されていることをお知らせいただき、誠にありがとうございます。本日9日は、津軽半島北部に行ってきまして、旧三厩村(現外ヶ浜町)で、やはりゴマナと思われるもの1株だけでメウロコフシを見つけましたが、これが何と腋芽ではなく葉身裏面にありました。また、その後移動した今別町では別の植物にメウロコフシがあり、こちらはゴールを形成する鱗片の形などがゴマナ?のものとは少し異なっていました。両者については後日改めて、特に後者については自分なりに植物の同定をした上で(現地で開花している同種と思われるものを採ってきています)、掲示板に写真を投稿させていただきたいと考えています。

2014/08/11(Mon) 20:29 No.722
Re: ゴマナ?のメウロコフシ 投稿者:Nabita

ゴマナらしき植物の葉裏に出来たメウロコフシの写真を貼りますが、こういうのはカワリメフシとした方がよいのかもしれませんね。中の幼虫はまだ小さかったですが、体色は橙黄色でした。
別種らしき植物のメウロコフシは、植物の特定ができないので、ゴールの紹介は後日できればと思います。


寄主植物:ゴマナ?
撮影年月日:2014年8月9日/青森県外ヶ浜町(旧三厩村)


2014/08/02(Sat) 20:54 No.659
トチバニンジンのゴール 投稿者:Nabita

ヤナギワカバマキフシの場所に再訪したところ、林内の遊歩道脇にトチバニンジンにゴールがありました。
トチバニンジン自体は10株以上見ましたが、ゴールを見つけられたのは1株だけでした。


寄主植物:トチバニンジン
撮影年月日:2014年7月30日/青森県西目屋村
 

2014/08/02(Sat) 21:00 No.660
Re: トチバニンジンのゴール 投稿者:Nabita

内部にはタマバエの幼虫が1〜2頭ずついました。
虫えい図鑑のリストにはトチバニンジンミヒラタフクレフシというのが載っていますが、それに当たるものなのでしょうか。
1枚目の全形写真が良い写真でなく申し訳ありませんが、花序を球に例えると、下半球は開花後、上半球は蕾で、赤道上にゴールがあります。また、ゴール内には葯も残っていますし、これは厳密には蕾か花がゴールとなったもののように思われました。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2014/08/02(Sat) 22:04 No.661 ホームページ
Re: トチバニンジンのゴール 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
道内のトチバニンジンの分布は道央以南で、以前に栗山町で数十本調べてみましたが、ゴールを発見できませんでした。
蕾に形成されるゴールには肥大してえい果になるものと、蕾を利用して寄主の形が残っているものに2分できそうです。蕾に形成されてもえい果になるものはミフクレフシ、蕾の形を残しているものはツボミフクレフシと理解していますが、例外もありそうです。


2014/08/10(Sun) 14:04 No.708
Re: トチバニンジンのゴール 投稿者:湯川淳一

Nabita様:トチバニンジンのゴールは、ご賢察通り、薄葉重さんが発見されたトチバニンジンミヒラタフクレフシかも知れません。薄葉さんの図を添付致しますので、比較して頂けますれば有り難いです。出典は、薄葉 重 (1981) 虫えい雑記V. インセクト 32 (2): 60-67. です。ゴールの記載文は以下のようになっています:トチバニンジンの果実が肥大、扁平(径 7-8mm) したもの。上部には柱頭・おしべ・がくなどの痕跡が残存している。虫えいの壁は白色の海綿状で柔らかい。内部は3室だが、時には連続して1室になっているものもある。幼虫は白色 (1.5mm) で、虫えい全体で 5-6 頭認められることが多い。幼虫は小孔をあけて脱出し、よく跳躍する。ゴール採集記録:群馬県青木沢 1981年7月30日。

寄主植物:トチバニンジン
撮影年月日:1981年7月30日/群馬県青木沢


2014/08/10(Sun) 21:36 No.711
Re: トチバニンジンのゴール 投稿者:Nabita

湯川先生、薄葉先生が記録されたミヒラタフクレフシの詳細をお知らせいただき、誠にありがとうございます。付図によって「ヒラタ」の状態がわかりました。トチバニンジンの正常果はやや側扁しているので、そのことを指しているのかと思っていましたが、上下に扁平ということでは、私が採集したものとは異なるように思われます。また、幼虫も3mm位はあったように記憶しますし、ゴール内の寄生数は書きましたように1〜2頭でした。違うゴールなのかもしれません。

2014/08/11(Mon) 22:03 No.732
Re: トチバニンジンのゴール 投稿者:Nabita

湯川先生、幼虫のサイズは試薬エタノールに浸けたものを瓶底から測りましたら、一番大きなもので2.2mm程でした。アルコール濃度から考え、縮むことはあっても伸びたりはしていないと考えられますので、薄葉先生が記録されたものとは、やはり異なる点があるように思われます。

2014/08/12(Tue) 11:57 No.742
Re: トチバニンジンのゴール 投稿者:湯川淳一

Nabita様:ご投稿のトチバニンジンのゴールが、薄葉さんの記録されたものと異なる可能性があるとのこと、ゴール和名を新しく付けておく必要がありますね。何か良い名前をご提案下さい。将来、幼虫の比較が出来ると良いですね。どなたか、薄葉さんのトチバニンジンミヒラタフクレフシを発見された方は、ぜひ、お知らせ頂けますと有り難いです。

2014/08/02(Sat) 00:12 No.655 ホームページ
オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:南 常雄

タマバエによってオニシモツケの蕾に形成される球形ないし扁球形のゴールで、直径2.5〜3.0mm、幼虫室は開花を阻害された花弁でできています。内部に黄色幼虫が1匹入っています。3齢幼虫は2.4〜2.6mmで、前胸部に褐色の細いY字状の胸骨があります。開花の時期には蕾と区別が付かず、花が散った後に蕾が残っていることで、ゴールを見つけることができます。ゴールは成熟期をむかえ、中には2〜3齢幼虫が入っていて、採集したゴールからは毎日幼虫が脱出してきます。

寄主植物:オニシモツケ
撮影年月日:2014年7月29日/北海道当麻町
 

2014/08/03(Sun) 21:46 No.667
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:Nabita

南さん、昨日・今日と十和田市と青森市で、それぞれ10株程度ずつしか見ることができませんでしたが、オニシモツケのツボミフクレフシを探してみましたが、それらしいものは全く見つけられませんでした。
葉の裏面にできるハホソツボフシは新しそうなものが見られましたが、極端に遅れたものなのか、2回目のものなのかはわかりません。


2014/08/03(Sun) 22:26 No.668 ホームページ
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、探していただいてありがとうございます。
初観測が7/29なので、まだ詳細は分からないのですが、最初に見つけた場所だけで採集しすぎると後の観察に影響があると思って、旭川近郊のオニシモツケを数箇所当たってみたのですが、このゴールは1ヶ所でしか見つけることができませんでした。
そのときに、タマバチによって葉裏に形成されるオニシモツケハウラタマフシ(仮称)も発見しました。


2014/08/10(Sun) 14:47 No.710
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

南 常雄 様:オニシモツケツボミフクレフシは新発見のタマバエゴールです。南さんの新ゴール発見数の多さには脱帽です。ゴール番号を C-3056 と致しました。タマバエによってバラ科に形成されるツボミフクレフシは、これまで、記録がありませんでした。どのようなタマバエがゴールを形成するのか、標本を拝見するのが楽しみです。これまで、シモツケ類には、オニシモツケハホソツボフシ C-3058(山梨、長野)、オニシモツケハウラケタマフシ C-3059(青森)、エゾシモツケシントメフシ C-3057(北海道)が記録されています。
Nabita様:十和田市と青森市で、オニシモツケハホソツボフシを見つけられた由、青森県からの初記録でしょうね? 私のリストには、記載がありませんでしたのでお伺い致します。抜けていたかも知れません。よろしくご教示下さい。


2014/08/10(Sun) 21:51 No.712
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:Nabita

湯川先生、青森から記録されているオニシモツケハウラケタマフシというものの発信源はもしかして私でしょうか。そうだとしたら、ちゃんと確認しないでいいかげんな名前でお知らせいたものだと思われ、誠に申し訳ありません。ハホソツボフシにご訂正ください。ハホソツボフシは青森では普通種のようで、青森市・十和田市・田子町・中泊町(旧小泊村)・外ヶ浜町(旧三厩村)・今別町で今年これまでに確認・撮影しております。オニシモツケがある程度あって、裏面を見れば何処にでもあるのではないかという感じです。なお、前述の中泊町〜今別町は9日にも行っておりますが、各地点30〜50株位は見ましたが、ツボミフクレフシはいずれででも発見できませんでした(果穂はほとんど枯れて生色がない状態でもありましたが)。

2014/08/10(Sun) 22:29 No.713 ホームページ
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:南 常雄

湯川先生、ご教示ならびにゴール番号をたまわりありがとうございます。さっそく、タマバエ分布表に加筆いたしました。
Nabita さん、コメントありがとうございます。オニシモツケツボミフクレフシから脱出した3齢幼虫を110匹採取して飼育容器に移すことができました。山砂の入っている容器に移した幼虫は、土に直ぐ潜りますが、土繭については現在実験中です。


2014/08/11(Mon) 13:10 No.719
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

Nabita様:オニシモツケハウラケタマフシは、故福田進先生からお送り頂いたゴールに基づいて、私がゴール和名を付けたものです。ご安心下さい。多分、梵天山だったと思います。ハホソツボフシは、青森県からの初記録ですね。各地に普通にいるのですね。
南様:オニシモツケツボミフクレフシから脱出した3齢幼虫を多数飼育なさっておられる由、成虫の羽化を楽しみにしています。


2014/08/12(Tue) 20:54 No.745
Re: オニシモツケツボミフクレフシ 投稿者:Nabita

湯川先生、ご迷惑をおかけしていないことがわかり休心しました。福田進さんは晩年、ご自宅とは別に私設の昆虫博物館のようなものを設けられ(といっても一般公開はしていないのですが)、何度かお邪魔したことがあります。私同様にあらゆる昆虫に興味がある方で、それなりに親しくさせていただきましたが、当時はまだ私もゴールにはほとんど興味がなく、あまりお話を伺えなかったことが残念でなりません。「虫えい図鑑」は福田さんのご紹介で、著者割引で購入させていただくことができました。



[01] [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]

処理 記事No 投稿キー

- Joyful Note -