0065544
虫えい同好会掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [過去ログ] [管 理 用]
おなまえ
 Eメール非表示 非リンク
タイトル
投稿記事
 参照URL
 添付画像
寄主植物
写真情報 撮影年月日日/場所(都道府県 市町村)
(上記のの箇所は添付画像が無いとログに表示されません。)
投稿キー (任意の英数字で8文字以内)
(上記のの箇所はすべて記入しないと投稿できません。)
 文字色

2018/06/10(Sun) 18:36 No.3179
タンポポハフクレフシ 再度のお願い 投稿者:湯川淳一

掲示板をご覧の皆様へ

昨年に引き続き、写真のようなタンポポハフクレフシ D-0840a を捜しています。
この虫えいは、Cystiphora 属のタマバエ(多分、 Cystiphora taraxaci) によって形成されたもので、外来種だと思います。

昨年、カンサイタンポポやセイヨウタンポポ、ヨーロッパのセイヨウタンポポから幼虫を得て、 DNA解析をしました所、あまりにも分化の程度が進んでおり、さらに多くの地域の標本を解析する必要性が出てきました。

セイヨウタンポポでも、日本のタンポポでも、虫えいが見つかりましたら、ぜひ、ご一報の程、お願い申し上げます。掲示板にご投稿いただけましたら、管理人の南さんから拙宅の住所を知らせて頂きます。虫えいのついた葉をティッシュに挟み、そのまま、封筒に入れて、受取人払いでお送り頂けますと有り難いと存じます。
よろしくお願い申し上げます。

南さん、よろしくお願い致します。



寄主植物:セイヨウタンポポ
撮影年月日:1982年月日/札幌市北海道大学構内
 

2018/06/10(Sun) 21:10 No.3180
Re: タンポポハフクレフシ 再度のお願い 投稿者:南 常雄

皆様へ
通常のご投稿、コメントに際しては迷惑メイルなどの防止のために「Eメール」の欄は記入しないようにお願いしていますが、湯川先生の本ご投稿にコメントならびにご返信をいただくときには、メールアドレスの入力をお願いいたします。ご入力いただいても、本掲示板には表示されず、私だけに通知されます。


2018/06/08(Fri) 22:56 No.3176
フジハベリマキフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

フジの葉の縁が表側に巻いているものがみられました。中には何もいませんでしたが、これはフジハベリマキフシとしてよいでしょうか?

寄主植物:フジ
撮影年月日:2018年6月6日/香川県東かがわ市
 

2018/06/08(Fri) 23:35 No.3177
Re: フジハベリマキフシでしょうか? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ご賢察通り、フジハベリマキフシ C-3500b です。福岡県で見つかっていますが、四国からは初めてです。ヤマフジハベリマキフシ C-3500a の方は徳島県や福岡県、鹿児島県などで見つかっています。この時期には、すでに、幼虫が脱出済みです。

2018/06/09(Sat) 23:06 No.3178
Re: フジハベリマキフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

湯川先生
フジハベリマキフシについてご教示いただきありがとうございました。
四国や九州でしかみつかっていないのはなぜなのか気になります。


2018/06/04(Mon) 16:37 No.3166
ハルニレの葉の虫こぶ 投稿者:吉野

ハルニレの葉の基部に写真のような虫こぶが作られていました。
中を割ってみると、幾つかの部屋があり、中に幹母らしき緑色のアブラムシ(?)が入っています。
1齢幼虫などは見受けられませんでした。

図鑑を調べてみたのですが、見つけられなかったので、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いします。


寄主植物:
撮影年月日:2018年6月1日/北海道札幌市
 

2018/06/04(Mon) 16:38 No.3167
Re: ハルニレの葉の虫こぶ 投稿者:吉野

中の様子はこのような感じです。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/06/04(Mon) 17:50 No.3169
Re: ハルニレの葉の虫こぶ 投稿者:秋元

Kaltenbachiella japonicaのゴールです。北大では、数が少なくなりました。特定の木にだけできます。

2018/06/05(Tue) 20:50 No.3173
Re: ハルニレの葉の虫こぶ 投稿者:吉野

秋元先生

ありがとうございます


2018/06/03(Sun) 20:38 No.3163
ムラサキシキブミフクレフシ 投稿者:小川

幼果が目立ちはじめたムラサキシキブで、昨年に形成されたと思われるムラサキシキブミフクレフシを見つけました。虫えい図鑑では、“冬季も枝に残るものは寄生蜂に寄生されたものが多い”との記載がありましたので、採取した虫えいを解体したところ、1匹の幼虫が存在していました。当該幼虫を観察すると胸骨と思われる部位が確認されたため、タマバエの3齢幼虫ではないかと考えましたが、虫えい図鑑に記載された幼虫の成長過程と異なるため、ご報告させて戴きました。
写真1:虫えいが残っていたムラサキシキブの枝(中央下側が虫えい、上部が幼果)


寄主植物:ムラサキシキブ
撮影年月日:2018年06月02日/静岡県裾野市
 

2018/06/03(Sun) 20:39 No.3164
Re: ムラサキシキブミフクレフシ 投稿者:小川

写真2:解体した虫えい
白い毛に被われた1つの虫室があり、1匹の幼虫が入っていました。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/06/03(Sun) 20:41 No.3165
Re: ムラサキシキブミフクレフシ 投稿者:小川

写真3:タマバエの幼虫と思われる幼虫
虫室から這い出てきた幼虫の体長は、2.5〜3oで胸骨と思われる部位が確認できました。
注、虫えいは3つ解体しました。いずれの虫えいも1虫室で、写真と同様の幼虫がそれぞれに1匹づつ入っていました。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/06/04(Mon) 17:33 No.3168
Re: ムラサキシキブミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

小川様:ムラサキシキブミフクレフシの中にも、寄生されずに越冬するものも見られます。幼虫は、これまで知られているように、ハリオタマバエの一種 Asphondylia sp. のようです。寄生率は年次変動しますので、昨年の世代は寄生率が低かったのかも知れません。近くに、虫えいが残っておりましたら、ぜひ、タマバエの成虫を羽化させて下さいますようにお願い申し上げます。

2018/06/05(Tue) 19:55 No.3172
Re: ムラサキシキブミフクレフシ 投稿者:小川

湯川先生
ご多忙の中、タマバエの種類及び寄生率につき、ご教示を賜り本当に有難うございました。タマバエの羽化につきましては、現地での虫えい採取後に挑戦を致します。なお羽化に成功しましたら改めてご報告をさせて戴きたいと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。


2018/06/02(Sat) 23:00 No.3162
続・ヤマウコギの虫えい 投稿者:Tominaga

以前に大阪府と奈良県で確認したヤマウコギ蕾の虫えいを三重県でもみつけました。今回は標高約950m付近の山道沿いに生育しているヤマウコギで確認しました。以前の確認場所の標高は大阪府で約200m、奈良県で約400mでしたので、大阪府で確認してから半月以上経っていますが、今回の確認場所では標高が高いためまだ蕾の状態であったということのようです。
虫えいは花弁が閉じた状態で、花弁部分がふくらむタイプ(ツボミトジフシ?)と子房部分がふくらむタイプがみられました(ツボミフクレフシ?)。前者はこれまでに観察したタイプで、花弁の内側に菌糸が充満しているなかに幼虫がいました。すでに蛹になっているものもみられ、以前にみた蛹と同じ形状でした。後者については、花弁の内側に菌糸はなくまだ小さい幼虫が1匹入っていましたが、ふくらんだ子房部分には幼虫はみられませんでした。その形状は以前に湯川先生からご指摘いただいたようにキヅタツボミフクレフシを小さくした感じです。内部にいたタマバエ幼虫は淡い橙色や黄色で、胸骨は二山型でした。(貼付画像)。
後者についてはしばらく様子をみたいと思います。


寄主植物:ヤマウコギ
撮影年月日:2018年5月26日/三重県津市美杉町
 

2018/06/04(Mon) 17:56 No.3170
Re: 続・ヤマウコギの虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ヤマウコギの蕾の2種類の虫えいのご投稿、有難うございました。先日、標本をお送り頂きましたので、早速、検鏡させて頂きました。これらの虫えいは、別々のタマバエによって形成される事が分かりましたので、虫えい和名と虫えい番号を提案させて頂きます。

ヤマウコギツボミトジフシ を C-4171 とします。この虫えいは、ハリオタマバエの一種、Asphondylia sp.によるもので、成虫の形態も特徴的ですし、虫えい内の菌糸の充満もうなづけます。いずれかのハリオタマバエの冬寄主だと思います。キヅタの2種のタマバエと DNA 配列を比較する必要があります。早速、手配します。

ヤマウコギツボミフクレフシ を C-4169 とします。成虫が得られていませんので、このタマバエの属は不明です。幼虫は、Contarinia を窺わせるのですが、もし、ジャンプしましたら教えて下さい。

今後の観察を楽しみにしております。


2018/06/08(Fri) 22:47 No.3175
Re: 続・ヤマウコギの虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生
虫えいの命名と番号の付与をしていただきありがとうございました。
その後ツボミトジフシ(C−4171)からは成虫が羽化してきましたが、奈良のものと同じと考えられます。
ツボミフクレフシ(C−4169)をいくつか調べましたが、いずれも淡黄色の幼虫(胸骨二山型)が1匹ずつ入っていました。出張で数日間放置したため乾いて縮んでしまった虫えいを開いてみると、空洞になっていて雄しべや雌しべがそのまま残っており、そのすき間に幼虫がいました(画像)が、何を食べているのかよくわかりません。幼虫が跳ねる様子はみられませんでした。また、以前見た跳ねる幼虫とは形態が異なっていました。
これらの成虫および幼虫標本は機会をみてお送りするようにします。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/05/29(Tue) 22:24 No.3155
ハシドイの虫えい? 投稿者:Tominaga

ハシドイ(モクセイ科)の観察をしていたところ、葉の一部が茶褐色に変色しているのがみえました。よくみると葉の表面に直径3mmほどのほぼ円形の斑紋がいくつかあり、その裏面は少しふくらんでかさぶたのようになっていました。そのかさぶた部分を開くと、すき間に白いタマバエと思われる幼虫が1匹入っていました。
これは虫えいと考えてよいでしょうか?ご教示お願いします。


寄主植物:ハシドイ
撮影年月日:2018年5月26日/三重県津市美杉町
 

2018/06/04(Mon) 18:03 No.3171
Re: ハシドイの虫えい? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ハシドイからタマバエの虫えいは知られていません。これも虫えいと考えて良いと思います。mモクセイ科のハフクレフシでは、アオダモハフクレフシ D-0295 とミヤマイボタハフクレフシ D-0296 が知られています。 おついでの時に、幼虫を拝見させて下さい。


2018/06/08(Fri) 22:45 No.3174
Re: ハシドイの虫えい? 投稿者:Tominaga

湯川先生
出張のためお礼が遅くなり申し訳ありません。ご確認いただきありがとうございました。
幼虫標本はまた機会をみてお送りするようにします。


2018/05/28(Mon) 22:24 No.3149
アワブキの虫えい? 投稿者:Tominaga

アワブキの葉の両面葉脈付近に白っぽいコブ状のかたまりが多数できていました。拡大してみると両面とも長い毛が密生しており、それらを取り除くと毛が生えていた部分は少し肥厚していました。ただ、タマバエ等の幼虫はみつかりませんでした。また、密生する毛の間にも何もみつかりませんでした。図鑑巻末リストによると、フシダニ類によるアワブキハイボフシが記載されているのみでした。
今回確認したものはそもそも虫えいといえるのかどうかもわかりませんが、とりあえず観察報告とさせていただきます。


寄主植物:アワブキ
撮影年月日:2018年5月12日/山梨県巨摩郡南部町
 

2018/05/28(Mon) 22:22 No.3148
ヒメウツギのダニえい? 投稿者:Tominaga

ヒメウツギの葉において両面にふくらむ虫えいと思われるものを確認しました。直径4mmほどの円形のマウンド状にふくらんで真ん中は両面ともくぼみがあり、裏面のくぼみにはまれにフシダニらしいものがいる場合がありましたが、小さすぎて正体はよくわかりませんでした。ダニえいと考えられますが、判断は難しいと思いますのでとりあえず観察報告とさせていただきます。

寄主植物:ヒメウツギ
撮影年月日:2018年5月13日/山梨県巨摩郡南部町
 

2018/05/28(Mon) 22:19 No.3147
ダンコウバイのダニえい? 投稿者:Tominaga

ダンコウバイの葉の表側にイボ状に小さくふくらむ虫えいと思われるものを確認しました。裏面のくぼみにはフシダニらしきものがいましたが、小さすぎて正体はよくわかりませんでした。ダニえいと考えられますが、判断は難しいと思いますのでとりあえず観察報告とさせていただきます。

寄主植物:ダンコウバイ
撮影年月日:2018年5月6日/奈良県宇陀市
 

2018/05/28(Mon) 23:47 No.3150
Re: ダンコウバイのダニえい? 投稿者:南 常雄

ご投稿ありがとうございます。
一般にフシダニだともっと小さいと思います。窪みにそれぞれ1匹しかいないのも、フシダニらしくないと思います。葉裏の窪みにいる虫は、タマバエの若齢幼虫の可能性はありませんか。


2018/05/29(Tue) 22:13 No.3154
Re: ダンコウバイのダニえい? 投稿者:Tominaga

南 常雄 様
コメントいただきありがとうございます。
写真が不鮮明で申し訳ありません。くぼみにいたものはツルッとしていてタマバエ幼虫には見えませんでした。
この虫えいができていた葉は1枚しか発見できず、他にもないかダンコウバイをみるたびに探しましたが、みつけられませんでした。葉を採取して持ち帰りましたが、出たばかりのまだやわらかいものであったため長期間維持することができずしおれてしまいました。
またみつける機会がありましたら報告させていただきます。


2018/05/23(Wed) 22:56 No.3135
ナラハグキコブフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

続けてすみません。コナラの葉の中肋部分や葉柄部分がコブ状にふくらんでいる虫えいを確認しました。一部は葉身部分がみられない虫えいもありました。虫えい内には複数のタマバチらしい幼虫がいました。
図鑑ではカシワの虫えい写真が出ており、解説には関連植物としてコナラも挙げられていました。また、南 常雄 様の「北海道の虫えい(虫こぶ)」ではコナラにできた虫えい写真があり、似ていると思いました。なお、成虫が多数羽化してきました。
おそらくコナラのナラハグキコブフシでよいと思いますが、どうでしょうか?


寄主植物:コナラ
撮影年月日:2018年5月6日/奈良県宇陀市
 

2018/05/24(Thu) 00:03 No.3136
Re: ナラハグキコブフシでしょうか? 投稿者:南 常雄

ナラハグキコブフシに間違いないと思いますが、新たな情報があるかも知れませんので、
阿部先生に連絡をいたしました。


2018/05/23(Wed) 22:52 No.3134
ナラガシワの虫えい 投稿者:Tominaga

ナラガシワの葉の中肋付近に小さなコブができており、その部分がゆがんで葉が破れたようになっていました。コブを割ってみると、タマバチと思われる蛹が入っていました。その後、蛹は無事に羽化しました。
図鑑で調べたところ、クヌギハフクレコタマフシ(C−093)に似ていると思いましたが、いかがでしょうか?


寄主植物:ナラガシワ
撮影年月日:2018年5月6日/奈良県宇陀市
 

2018/05/23(Wed) 12:05 No.3130
ウリハダカエデの虫えい? 投稿者:宮武頼夫

Tominaga様 ウリハダカエデの虫えい?の写真を拝見しました。この植物にはカエデキジラミがつきますが、幼虫は虫えいを作らず、自由生活ですので、本種ではないですね。虫えいの部分に付いている虫体の写真は、これではキジラミの幼虫かどうか判断しかねます。現物を拝見しないと分からないです。
 

2018/05/23(Wed) 22:40 No.3132
Re: ウリハダカエデの虫えい? 投稿者:Tominaga

宮武頼夫先生
コメントいただきありがとうございました。写真が不鮮明でたいへん申し訳ありませんでした。
再度よく観察すると、透明なのは抜け殻だったためで成虫はすでにいなかったということのようです。お手数をおかけしてすみませんでした。
また見つけることがありましたら改めてお願いしたいと思います。


2018/05/23(Wed) 00:14 No.3128
ウリハダカエデの虫えい? 投稿者:Tominaga

ウリハダカエデの葉に黄色く変色した斑紋が多くみられました。初めは病斑かと思いましたが、よく見ると斑紋の真ん中が裏面からくぼみ、表面側に小さくふくらんでいました。裏面のくぼみを拡大してみると、いくつかのくぼみの底に、透明でわかりにくいですがキジラミ類と思われるものがへばりついていました。
これはキジラミ類による虫えいと考えてよいでしょうか?ご教示下さい。


寄主植物:ウリハダカエデ
撮影年月日:2018年5月13日/山梨県巨摩郡南部町
 

2018/05/20(Sun) 15:33 No.3125
イヌブナの虫えい 投稿者:Tominaga

イヌブナの葉表脈上にツノ状で赤褐色の虫えいがありました。これはイヌブナハツノフシ(図鑑巻末リスト)でよいでしょうか?
あと、同じ葉で脈の裏側がふくらんでいる虫えいがありました。表側は密着したスリットがあり、葉表面が引きつってしわができていました。スリットを開けると、白色のタマバエ幼虫が1匹入っており、胸骨は2山型でした。これはイヌブナハミャクコブフシ(図鑑巻末リスト)でよいでしょうか?

その他、エゾエノキハトガリタマフシ、ヤブウツギメタマフシ、フジツボミフクレフシもみられました。


寄主植物:イヌブナ
撮影年月日:2018年5月13日/山梨県巨摩郡南部町
 

2018/05/23(Wed) 11:52 No.3129
Re: イヌブナの虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:イヌブナの虫えいのご投稿を有難うございました。ご賢察の通りだと思いますが、念のため、ブナタマバエ類の研究者である佐藤信輔さんにコメントお願い致しました。間も無く、回答して下さることと思います。

エゾエノキハトガリタマフシ、ヤブウツギメタマフシ、フジツボミフクレフシは、私のリストに記入させて頂きます。桝田さんのノートになければ、いずれも、山梨県から初めてになります。ご報告、有難うございました。

湯川淳一


2018/05/23(Wed) 22:48 No.3133
Re: イヌブナの虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生
いつもお世話になりありがとうございます。
タマバエ関連の虫えいはこれでほぼ終わりですが、タマバチやフシダニ?関連がいくつか残っています。
今後ともよろしくお願いいたします。


2018/05/25(Fri) 05:50 No.3138
Re: イヌブナの虫えい 投稿者:佐藤信輔

Tominaga様:佐藤信輔と申します。イヌブナのタマバエゴールの写真ありがとうございました。これらのゴールはご推察の通りで、イヌブナハツノフシとイヌブナハミャクコブフシと思われます。私はこれまでにイヌブナハツノフシを同時期に高尾山で採集しておりますが、この時期のゴール内の幼虫は非常に小さく、幼虫をほとんど採集できなかったと記憶しております。おそらく、幼虫は初夏から急激に大きくなって、9月中にゴールは葉から脱落するのではと想像しております。イヌブナハミャクコブフシですが、三齢幼虫は5月の終わりから6月上中旬にかけて葉表側のスリットから脱出し、地上に落下します。その後の生態は不明となっております。これらのゴールを形成するタマバエの生態は不明の点が多いため、いまだ成虫の採集ができておりません。ですので、これらのタマバエは分類学的には種名未同定という状態です。以上になりますが、もし何かございましたら、今一度ご連絡よろしくお願いいたします。

2018/05/26(Sat) 22:29 No.3140
Re: イヌブナの虫えい 投稿者:Tominaga

佐藤信輔先生
イヌブナの虫えいについてご確認いただきありがとうございました。
なお、ハツノフシ内には体長3mmほどの白い幼虫が入っていました。また、ハミャクコブフシからは幼虫が脱出してきました。
奈良県ではこれらの虫えいを確認していませんので、機会があれば探してみたいと思います。


2018/05/18(Fri) 21:42 No.3115
マルバウツギの虫えい 投稿者:Tominaga

続けてすみません。マルバウツギの葉や茎の部分がコブ状にふくらむ虫えいがみられました。葉に形成されている虫えいはすでに幼虫が脱出した後でカラになっていましたが、ダニが入っているものがありました。また、茎に形成されている虫えいは2個あり、タマバエ幼虫が1匹入っているものと、タマバエ幼虫1匹と同居者のハチ?の幼虫1匹が入っているものがみられました。観察のために虫えいを割った翌日に見てみると、タマバエのいた方は割った隙間を糸でつづったらしく薄い膜で閉じられていました。一方、タマバエと同居者?がいた方は同居者?が糞などをつづって自分だけ隠れるための壁をつくっていました。
『虫こぶハンドブック』では、葉身・葉柄・花梗に形成されるウツギハコブフシが記載されており、タマバエ幼虫の色は同じに見えました。また、図鑑巻末リストによるとマルバウツギではハコブフシとハフクレフシが記録されていますが、これらのどちらかでしょうか?ご教示お願いします。


寄主植物:マルバウツギ
撮影年月日:2018年5月13日/山梨県巨摩郡南部町
 

2018/05/18(Fri) 21:46 No.3116
Re: マルバウツギの虫えい 投稿者:Tominaga

同居者?らしいハチの幼虫と同居者?がつくった壁の様子です。オレンジ色が見えているのは、タマバエ幼虫の体の一部が見えているためです。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/05/19(Sat) 19:25 No.3121
Re: マルバウツギの虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ご投稿の写真から判断しますと、マルバウツギハコブフシ C-2941 だと思います。マルバウツギフクレフシ C-2940 は葉の両面への盛り上がりが小さく、葉柄に形成されることはほとんどありません。ただし、マサキタマバエの虫えいで見られるような、虫えいの多型の可能性もありますので、今後、幼虫のdな解析が必要だと思っています。マルバウツギフクレフシ C-2940 は、鹿児島市で調査をしましたところ、タマバエは多化性で、開葉時期の異なる葉に、順次、虫えいが形成されていきます。しかし、秋に羽化した成虫には、産卵場所がなく、どこで越冬するのか、いまだに不明のままです。

一昨年、スミソニアン博物館に成虫標本を持っていき、タマバエの分類学の権威、ガニエ博士に見せたところ、Dasineuridi 上族の新属であるというお墨付きを頂きました。越冬寄主が判明したら、記載したいと思っています。マルバウツギハコブフシの方は、年間世代数も不明で成虫が得られていません。今後の観察に待ちたいところです。


2018/05/20(Sun) 09:41 No.3124
Re: マルバウツギの虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生
マルバウツギハコブフシとご確認いただきありがとうございました。
マルバウツギは奈良では普通にありますので気を付けてみたいと思います。


2018/05/18(Fri) 21:25 No.3114
ミズキツボミトジフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

ミズキハミャクフクレフシが形成された葉を採った際に、花序がついた枝ごと採取しましたところ、花はほとんど終わっていましたがいくつか蕾が残っていました。念のためこれらをいくつか開いてみたところ、上部の雄しべ付近に菌糸が蔓延しており、中にタマバエ幼虫が1匹入っていました。
これは以前に掲示板で報告されていたミズキツボミトジフシ(C−4145)でよいでしょうか?


寄主植物:ミズキ
撮影年月日:2018年5月12日/山梨県巨摩郡南部町
 

2018/05/19(Sat) 19:55 No.3122
Re: ミズキツボミトジフシでしょうか? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ご賢察の通り、この虫えいはミズキツボミトジフシ C-4145 です。虫えい形成者は、ミズキツボミタマバエ Pseudasphondylia kiritanii Tokuda & Yukawa, 2005 です。 これまで、静岡県(伊豆地方)で見つかっているだけです。山梨県からは初めてです。生活史の詳細は分かっていません。別途、ミズキツボミタマバエの記載論文の PDF をお送り致します。

2018/05/20(Sun) 09:30 No.3123
Re: ミズキツボミトジフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

湯川先生
ご確認いただきありがとうございます。
幼虫の色や胸骨はヤマウコギツボミトジフシのそれに似ている印象でした。ミズキの花は手が届かないことがほとんどですので、確認は難しいですが今後も気を付けてみたいと思います。


2018/05/26(Sat) 23:22 No.3141
Re: ミズキツボミトジフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

湯川先生
ミズキツボミトジフシを三重県でも確認しました。
虫えい内には蛹が入っていました。


寄主植物:ミズキ
撮影年月日:2018年5月26日/三重県津市美杉町


2018/05/27(Sun) 11:23 No.3143
Re: ミズキツボミトジフシでしょうか? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ミズキツボミトジフシのタマバエは5月に羽化することが知られています。間も無く羽化するものと思います。あるいは、寄生蜂かも知れませんが。結果を楽しみにしています。
三重県からの初記録も私のリストに追加させて頂きます。


2018/05/28(Mon) 22:17 No.3145
Re: ミズキツボミトジフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

湯川先生
コメントいただきありがとうございました。
ご指摘のとおり成虫が7匹羽化してきました。


2018/05/15(Tue) 23:40 No.3107
カキドオシの虫えい 投稿者:Tominaga

道端で開花しているカキドオシにおいて、カキドオシツボミフクレフシ(D−0450)を確認しました。さらに同じ場所で、数は少ないですが茎頂部の芽がふくらんでいる虫えいもみられました。
蕾の虫えい内には淡赤色のタマバエ幼虫が複数入っていました。一方、芽の虫えいには白色のタマバエ幼虫が複数入っていました。
芽の虫えいは小さく、これが大きくなると以前に報告させていただいた虫えい(掲示板投稿No.2789)になるのかどうかわかりません。


寄主植物:カキドオシ
撮影年月日:2018年5月6日/奈良県宇陀市
 

2018/05/15(Tue) 23:44 No.3108
Re: カキドオシの虫えい 投稿者:Tominaga

画像の左が蕾の虫えい、右が芽の虫えいにいたタマバエ幼虫です。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/05/16(Wed) 19:41 No.3110
Re: カキドオシの虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:カキドオシの蕾の虫えいには淡赤色のタマバエ幼虫、芽の虫えいには白色のタマバエ幼虫が入っていたとの事、両者の比較研究が必要です。幼虫の体色は発育と共に変化することもありますので、形態が類似しておりましたら、DNA 解析も必要です。現時点では、芽の方の虫えい名と番号を保留しておきたいと思います。おついでの時に、標本をお送り頂けますれば嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。


2018/05/18(Fri) 21:13 No.3112
Re: カキドオシの虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生
いつもご教示いただきありがとうございます。
幼虫の色の違いが種類の違いには結びついていないこと、勉強になりました。まだ小さめの芽の虫えいを割ってみたときに小さい幼虫がいましたが、少し赤色を帯びていたような気がします。
両者の幼虫標本をお送りするようにします。


2018/05/14(Mon) 23:34 No.3101
クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:Tominaga

連続投稿すみません。クマノミズキの葉脈がふくらんだ細長い虫えいが、表側と裏側の両方にみられました。中には乳白色のタマバエ幼虫が一匹入っていました。これは以前に掲示板で報告されていたクマノミズキハミャクフクレフシ(C−4140)でよいでしょうか?

寄主植物:クマノミズキ
撮影年月日:2018年5月6日/奈良県宇陀市
 

2018/05/15(Tue) 11:23 No.3102
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:この虫えいは、クマノミズキハミャクフクレフシ(C−4140a)です。和歌山県、徳島県、長崎県、宮崎県、鹿児島県で発見されています。奈良県からは初めてです。

ミズキにもミズキハミャクフクレフシ (C-4140b) が形成されます。北海道、青森県、群馬県、埼玉県、神奈川県、福岡県で発見されています。

どちらの虫えいからも、まだ、成虫が得られていませんので、属は不明です。この時期に終齢幼虫が虫えいから脱出して、地中で夏、秋、冬を過ごし、翌春蛹化して、新芽の頃に羽化します。幼虫が虫えいの中で越冬しないために、長期間の飼育が困難です。


2018/05/15(Tue) 20:49 No.3106
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:Tominaga

クマノミズキハミャクフクレフシについてご教示いただきありがとうございました。

ミズキのことが出ましたので、先日確認した虫えいについてお尋ねします。
ミズキの葉の脈がクマノミズキハミャクフクレフシと同じようにふくらんでいるものがありました。これはミズキハミャクフクレフシでよいでしょうか。なお、虫えい内に幼虫はいませんでしたので、すでに脱出したようです。


寄主植物:ミズキ
撮影年月日:2018年5月12日/山梨県巨摩郡南部町


2018/05/16(Wed) 19:30 No.3109
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:ミズキハミャクフクレフシ (C-4140b)で良いと思います。桝田 長 さんの写真の撮影記録がなければ、山梨県からは初めてかも知れません。時間のある時に探してみます。

2018/05/18(Fri) 21:23 No.3113
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:Tominaga

湯川先生
ご確認いただきありがとうございました。
奈良県でも見つけたいと思います。


2018/05/26(Sat) 23:25 No.3142
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:Tominaga

湯川先生
クマノミズキハミャクフクレフシを三重県でも確認しました。


寄主植物:クマノミズキ
撮影年月日:2018年5月26日/三重県津市美杉町


2018/05/27(Sun) 11:26 No.3144
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:クマノミズキハミャクフクレフシを三重県でも確認された由、三重県からは初めてです。私の分布リストに記入させて頂きます。有難うございました。

2018/05/28(Mon) 22:18 No.3146
Re: クマノミズキハミャクフクレフシ? 投稿者:Tominaga

湯川先生
コメントいただきありがとうございました。
今後も気を付けてみます。


2018/05/14(Mon) 23:15 No.3100
アブラチャンの虫えい 投稿者:Tominaga

アブラチャンの葉の縁が巻いており中にタマバエ幼虫がみられました。これは以前掲示板に報告されていました、アブラチャンハベリマキフシ(C−2508)でよいでしょうか?

あと、ホソバタブでホソバタブハクボミフシ(図鑑巻末リスト)を確認しました。


寄主植物:アブラチャン
撮影年月日:2018年5月5日/三重県津市美杉町
 

2018/05/15(Tue) 11:35 No.3103
Re: アブラチャンの虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:この虫えいは、ご賢察通りブラチャンハベリマキフシ(C−2508)です。青森県、東京都で見つかっています。三重県からは初めてです。この虫えいからも、成虫が得られていません。

2018/05/15(Tue) 20:45 No.3105
Re: アブラチャンの虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生、いつもご教示ありがとうございます。同様のものを山梨県でも確認しました。
アブラチャンは奈良県にもふつうにありますので気を付けてみます。


寄主植物:アブラチャン
撮影年月日:2018年5月12日/山梨県巨摩郡南部町


2018/05/14(Mon) 10:53 No.3095
オヒョウの 投稿者:さんじろう

こんにちは。
オヒョウの葉に虫こぶと思われるものを見つけました。
外見で見る限り、エゾヨスジワタムシに似ているように見えるのですが…
よろしくお願いいたします



寄主植物:オヒョウ
撮影年月日:2018年5月13日/北海道檜山郡 上ノ国町
 

2018/05/14(Mon) 16:15 No.3097
Re: オヒョウの 投稿者:秋元信一

こんにちは。このオヒョウのゴールは、エゾヨスジワタムシTetraneura yezoensisが作ったもので間違いありません。

2018/05/14(Mon) 21:38 No.3098
Re: オヒョウの 投稿者:さんじろう

秋元信一様

教えて頂き、ありがとうございます。
北海道で、いろいろ探してみようと思います。




[01] [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]

処理 記事No 投稿キー

- Joyful Note -