0069966
虫えい同好会掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [過去ログ] [管 理 用]
おなまえ
 Eメール非表示 非リンク
タイトル
投稿記事
 参照URL
 添付画像
寄主植物
写真情報 撮影年月日日/場所(都道府県 市町村)
(上記のの箇所は添付画像が無いとログに表示されません。)
投稿キー (任意の英数字で8文字以内)
(上記のの箇所はすべて記入しないと投稿できません。)
 文字色

2018/11/24(Sat) 10:24 No.3403
ママコナ果実の虫えい? 投稿者:Tominaga

シコクママコナの果実を割ってみると白い幼虫が1匹入っているものがいくつかみられました。幼虫は果実の基部にいて初めは未熟な種子かと思いましたが、よくみると動いているので幼虫とわかりました。形状はタマバエとは違うようで、突起や毛がみられました。
また、幼虫の周りには糞らしきものがみられました。おそらく生長前の種子を食べていたのではないかと思います。
幼虫が入っていた果実は種子が1〜2個ほどしか入っておらず、通常種子が多くて4個入っている果実に比べると小さいものでした。特にふくらむなどの変化はなく、見た目では虫が入っているかどうかはわかりにくいです。
これは虫えいと呼んでよいものでしょうか?


寄主植物:シコクママコナ
撮影年月日:2018年11月23日/和歌山県日高郡日高川町
 

2018/11/25(Sun) 13:47 No.3404
Re: ママコナ果実の虫えい? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様: シコクママコナのご投稿、有難うございました。幼虫は、タマバエでもミバエでもなさそうですね。ひょっとすると、外部からの侵入者かも知れませんね。そうだとすれば、虫えいの範疇には入らないと思います。侵入孔は見られましたでしょうか?

2018/11/25(Sun) 22:19 No.3405
Re: ママコナ果実の虫えい? 投稿者:Tominaga

湯川先生
ご確認いただきありがとうございました。
外部からの侵入孔は見あたりませんでした。残っている果実を開けてみたところ、食害された種子と蛹が出てきました。やはり種子食者のようですので、虫えいの範疇に入らないとのご指摘に納得しました。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/12/05(Wed) 18:01 No.3406
Re: ママコナ果実の虫えい? 投稿者:Iwasaki

Tominaga様 虫えいにはあたらないとのことですが、蛹(囲蛹)の形状から、ハエであることは間違いありません。ハマウツボ科の種子食種ということで興味があります。採集をお願いすることができますでしょうか。もし可能でしたら、南さんにご相談させていただきたいと思います。よろしくご検討をお願いします。

2018/11/17(Sat) 15:01 No.3398
イヌガシ果実の虫えい 投稿者:Tominaga

イヌガシ果実の虫えいを観察しました。7月にも観察してみましたが、まだ虫えい果実の区別はできず幼虫を見つけることができませんでした。11月には正常な果実と虫えい果実をはっきり区別することができました。
正常な果実は大きく生長し黒紫色に熟していました。一方、タマバエに寄生されていると思われる果実は、正常な果実より小さくて緑色のままでした。
後者を割ってみるとタマバエ幼虫が入っているもの、タマバエ幼虫と小さな幼虫が入っている場合及び何も入っていないものがありました。2匹入っていたもののうち小さい方は寄生者かもしれません。
秋から冬にかけて正常な果実は鳥に食べられて無くなっていくと考えられますが、寄生された果実は緑色のまま残って、春になるとタマバエ成虫や寄生蜂が羽化してくるということのようです。


寄主植物:イヌガシ
撮影年月日:2018年11月11日/奈良県奈良市
 

2018/11/18(Sun) 16:36 No.3399
Re: イヌガシ果実の虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様: イヌガシミミドリフシ C-2509 のご報告を誠に有り難うございました。形成者はハリオタマバエ Asphondylia 属の一種ではないかと考えているのですが、蛹の頭部の突起がハリオタマバエ類とは、やや異なるような気がしますので、現在、つくばの研究者に送って、 DNA 解析を依頼中です。アオキやイボタ、ネズミモチなどに形成されるハリオタマバエ類の実の虫えいと同じように、イヌガシの場合も、秋になって、やっと、虫えいと正常実の区別がつくようになります。おそらく、虫えいの中で、1齢幼虫で越冬し、翌春に発育して、虫えい内で蛹化し、イヌガシの開花期に羽化するものと予想されます。外部寄生蜂の攻撃は年が明けて、幼虫が3齢になってからだと思います。

ご賢察の通り、正常実は冬の間に落下しますが、虫えいになった実は春まで樹上に残りますし、緑色のままですので、鳥に食われることは少ないようです。アオキやネズミモチも同様です。幼虫が植物を操作して、実の成熟と色付きを抑えているものと考えられます。
今後の観察をよろしくお願い申し上げます。


2018/11/19(Mon) 21:41 No.3400
Re: イヌガシ果実の虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生
いつもコメントいただき、また、イヌガシミミドリフシ(C-2509)と命名いただきありがとうございました。
ある調査では、果実(落下果実および樹上果実)の半数以上が食害を受けているということでした。そのうちタマバエによる食害がどのくらいあるのか気になりますが、調べるのは大変そうです。
また機会があれば観察して報告したいと思います。


2018/11/20(Tue) 14:44 No.3401
Re: イヌガシ果実の虫えい 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様: 以前、ネズミモチの実に虫えいを作るイボタミタマバエの個体群動態の論文 PDF をお送りしたと思います。その時の、野外調査の方法をご参照下さい。イヌガシの場合も、似たようなデータが取れる事と思います。長期に渡らなくても、1世代だけのデータでも、大変貴重です。楽しみにしています。何か不明なことがございましたら、ご遠慮なくお訊ね頂けますれば幸いです。

2018/11/24(Sat) 09:47 No.3402
Re: イヌガシ果実の虫えい 投稿者:Tominaga

湯川先生
いただいていたイボタミタマバエの論文はまだ詳しく読んでいませんので、がんばって読んでみたいと思います。ご指導を仰ぐことになるかもしれまんがよろしくお願いいたします。


2018/11/13(Tue) 12:33 No.3395
Re: アキチョウジの葉にできた虫えい 投稿者:秋元信一

コメントいたします。ヤマハッカの葉を巻くことで知られているヤマハッカコブアブラムシCryptaphis menthaeではないかと思います。アキチョウジを見たことがないので、詳しいことはわかりませんが、アキチョウジもヤマハッカと同属のようですので、このアブラムシがアキチョウジにも寄生するのではないかと思います。
 

2018/11/15(Thu) 08:01 No.3396
Re: アキチョウジの葉にできた虫えい 投稿者:大庭 健

秋元先生

 早速ご回答いただきありがとうございました。
ネットでヤマハッカコブアブラムシを検索したところ、一枚だけ写真が出てきました。(東京23区内の虫2)
見てみると確かに私の写したアキチョウジの葉の虫えいから出てきたアブラムシに似ていました。
 ただNo,3384のアキチョウジの蕚筒の中から出てきたアブラムシ(湯川先生ご指摘)はまた別の種類ではないでしょうか?

 どちらにしても虫えいは色々、アブラムシも色々、難しいですが、とても面白いですね。


2018/11/11(Sun) 21:27 No.3391
アキチョウジの葉にできた虫えい 投稿者:大庭 健

 蕚筒がふくれたアキチョウジの葉の端が内側に巻いていて、中に2種の虫が入っていました。これも別の虫こぶなのでしょうか。

寄主植物:アキチョウジ
撮影年月日:2018年11月7日/兵庫県西宮市
 

2018/11/11(Sun) 21:28 No.3392
Re: アキチョウジの葉にできた虫えい 投稿者:大庭 健

虫1

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/11/11(Sun) 21:28 No.3393
Re: アキチョウジの葉にできた虫えい 投稿者:大庭 健

虫2

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/11/11(Sun) 20:38 No.3384
アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健

 アキチョウジの花も終わり果実ができてきたが、中に蕚筒が紫色で膨れたものが多数あった。中を見ると翅のあるもの、無いものなど外見上2種の虫が出てきた。日本原色虫えい図鑑にあるアキチョウジツボミフクレフシでしょうか。
 

2018/11/11(Sun) 20:49 No.3385
Re: アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健

膨れた蕚筒

2018/11/11(Sun) 20:51 No.3386
Re: アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健

蕚筒内部

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/11/11(Sun) 20:53 No.3387
Re: アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健

翅のあるタイプ

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/11/11(Sun) 20:55 No.3388
Re: アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健

翅のないタイプ2種

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/11/11(Sun) 20:55 No.3389
Re: アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健

膨れた蕚筒

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/11/11(Sun) 21:20 No.3390
Re: アキチョウジツボミフクレフシ 投稿者:大庭 健



2018/11/11(Sun) 20:34 No.3383
アキチョウジツボミフクレフシ? 投稿者:大庭 健

 アキチョウジの花も終わり果実ができていたが、中に蕚筒が紫色で膨れているものが見られました。中には
中には翅のあるものないものなど外見的には3種類の虫が見られました。日本原色虫えい図鑑にあるアキチョウジツボミフクレフシでしょうか?
 

2018/11/12(Mon) 00:26 No.3394
Re: アキチョウジツボミフクレフシ? 投稿者:湯川淳一

大庭 健 様: ご投稿、有難うございました。これは、アキチョウジツボミフクレフシではないようです。アキチョウジツボミフクレフシ D-0478 は、幼虫がジャンプするタマバエの一種によって形成されます。写真に写っている虫はアブラムシのようですので、アブラムシのご専門の先生にコメントを頂くことにしましょう。

南さん: 秋元先生にご連絡をお願い致します。


2018/11/09(Fri) 21:35 No.3381
和歌山県のアケボノソウミフクレフシ 投稿者:Tominaga

和歌山県でアケボノソウミフクレフシ(D-0302)を確認しましたので報告させていただきます。奈良県に次いで2例目です。

寄主植物:アケボノソウ
撮影年月日:2018年11月9日/和歌山県印南町
 

2018/11/11(Sun) 13:45 No.3382
Re: 和歌山県のアケボノソウミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様: アケボノソウミフクレフを和歌山県印南町で確認して下さったとのご報告、誠に有り難うございました。和歌山県の虫えいを、次々と発見して下さって、感謝申し上げております。この虫えいも、近畿地方の各地に分布してるかも知れませんね。

2018/11/16(Fri) 22:24 No.3397
Re: 和歌山県のアケボノソウミフクレフシ 投稿者:Tominaga

湯川先生
コメントいただきありがとうございます。
アケボノソウはどこにでもありますので、他府県でも気を付けてみたいと思います。


2018/11/03(Sat) 22:56 No.3375
ネズミモチハフクレフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

ネズミモチの葉がまるくふくらんでいるものがありました。両面ともにふくらんでいますが裏面は真ん中にへこみがありました。
虫えい図鑑でみると、フシダニによるネズミモチハフクレフシ D-025 に似ているように思いましたがどうでしょうか?ご教示お願いします。


寄主植物:ネズミモチ
撮影年月日:2018年11月1日/和歌山県日高川町
 

2018/11/04(Sun) 09:03 No.3376
Re: ネズミモチハフクレフシでしょうか? 投稿者:南 常雄

Tominaga様ご投稿ありがとうございます。
私も、図鑑で判断する以外に方法はありませんが、ネズミモチハフクレフシで良いのではないかと思います。虫えい図鑑にゴールの断面図が掲載されているので、参考になると思います。


2018/11/04(Sun) 13:05 No.3377
Re: ネズミモチハフクレフシでしょうか? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:これは、お二人のご賢察通り、フシダニによるネズミモチハフクレフシ D-025 だと思います。これまで、図鑑では、九州からだけの記録でしたが、今回は本州(和歌山県)からの初発見ですね。

2018/11/09(Fri) 21:28 No.3380
Re: ネズミモチハフクレフシでしょうか? 投稿者:Tominaga

南 常雄 様、湯川先生、コメントをいただきありがとうございます。
断面は虫えい図鑑の図と似ていました。他府県でも探してみたいと思います。


2018/11/03(Sat) 22:28 No.3374
和歌山県のフジハウラタマフシ 投稿者:Tominaga

和歌山県でフジハウラタマフシ C-3535 を確認しましたので報告させていただきます。

寄主植物:フジ
撮影年月日:2018年11月1日/和歌山県日高川町
 

2018/11/04(Sun) 13:17 No.3378
Re: 和歌山県のフジハウラタマフシ 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:和歌山県日高町で見つかったフジハウラタマフシ C-3535 のご報告、誠に有り難うございました。Tominaga 様ご自身が発見された、奈良、大阪、鳥取に続いて4県目と言うことになりますね。西日本各地に広く分布している事が示唆されます。私自身、和歌山県でタマバエの虫えいを調査するに当たり、先入観で、11月にフジの葉裏を捜さなかった事を反省しています。

2018/11/09(Fri) 21:24 No.3379
Re: 和歌山県のフジハウラタマフシ 投稿者:Tominaga

湯川先生
いつもコメントをいただきありがとうございます。
フジをみるとつい葉裏を見てしまいます。


2018/10/31(Wed) 22:26 No.3370
エゾノコンギクメウロコフシ D-0831b 投稿者:南 常雄

 タマバエによって、エゾノコンギクの頂芽や側芽に形成されるゴールです。10月中旬に観察されるゴールは、基部の葉状片がないか2〜3枚で、全体が鱗状片に覆われています。今までの観察では1室1幼虫でしたが、今般の観察で1室に2〜3個の繭が入っているものがありました。この3齢幼虫がゴール内で越冬し、翌春(羽化/2016.06、採集/2015.10)羽化することが、飼育で確認できています。

寄主植物:エゾノコンギク
撮影年月日:2018年10月22日/北海道鹿部町
 

2018/10/31(Wed) 22:30 No.3371
Re: エゾノコンギクメハナガタフシ D-0833b 投稿者:南 常雄

 8月に出現するゴールは花形状(メハナガタフシ)で、基部に葉状片が叢生し、中央部に鱗状片に覆われた幼虫室があります。3齢幼虫は幼虫室内で繭を紡ぎ、9月中旬〜下旬にゴール内で蛹化し羽化するものと思われます。次世代のゴールはメウロコフシとなって、10月中旬には最大に達します。
 2枚の写真のゴールの関係は、観察に不完全なところがあり、更に観察が必要です。


寄主植物:エゾノコンギク
撮影年月日:2017年8月23日/北海道鹿部町


2018/11/01(Thu) 15:19 No.3372
Re: エゾノコンギクメウロコフシ D-0831b 投稿者:湯川淳一

南 常雄 様:エゾノコンギクメウロコフシ D-0831b と エゾノコンギクメハナガタフシ D-0833b の写真を同時に示して下さり、誠に有り難うございました。季節によって、タマバエが同一植物種の別の部位を虫えい形成に利用することが知られており(例えば、ハリエニシダタマバエ)、その際は、当然、虫えいの形状もかなり異なります。今回は、同一植物種の同一部位に、季節によって形状がやや異なる虫えいが形成される例です。通常、同一部位であっても、虫えいの形状が異なる場合は、別種のタマバエによることが多いのですが、今回の場合は、南さんのご賢察通り、形状が類似しておりますので、同一種のタマバエによる可能性が大きいと思います。幼虫の形状も類似しています。2種類の虫えいから得られた幼虫の DNA 解析を行って確かめたいと思います。少し、時間を下さいますようお願い申し上げます。

2018/11/01(Thu) 21:39 No.3373
Re: エゾノコンギクメウロコフシ D-0831b 投稿者:南 常雄

湯川先生、そうそうご教示を賜り、ありがとうございます。
現在、成長期の幼虫が在虫しているゴールを、複数観察できていません。更に8月に形成されるゴールから飼育によって成虫を採取したいと思います。寄主植物を栽培して、飼育で世代交代が確認できればいいのですが、採集できるゴールが少なくて難しそうです。


2018/10/27(Sat) 11:51 No.3359
ヨモギクキオオシロケフシ? 投稿者:大庭 健

ヨモギ(?オオヨモギ化は確認できていません)の茎にできていました。葉裏にはなかったのと、幼虫室が複数個あるようなので、ヨモギハケシロタマフシではないように思うのですが?
 

2018/10/27(Sat) 11:52 No.3360
Re: ヨモギクキオオシロケフシ? 投稿者:大庭 健

写真1

2018/10/27(Sat) 11:56 No.3361
Re: ヨモギクキオオシロケフシ? 投稿者:大庭 健

すいません。写真添付を忘れました。
写真1


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/10/27(Sat) 11:58 No.3362
Re: ヨモギクキオオシロケフシ? 投稿者:大庭 健

写真2

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/10/27(Sat) 11:59 No.3363
Re: ヨモギクキオオシロケフシ? 投稿者:大庭 健

写真3

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2018/10/27(Sat) 14:08 No.3364
Re: ヨモギクキオオシロケフシ? 投稿者:湯川淳一

大庭 健 様:ご投稿、有難うございました。これは、ヨモギワタタマバエ Rhopalomyia giraldii によって形成された、ヨモギクキワタフシ D-1070a ではないかと思います。この虫えい内には、複数の幼虫室があります。

2018/10/26(Fri) 05:22 No.3357
ケヤマウコギの虫えい 投稿者:Hepota

10月16日、野辺山で見つけました。ホストはケヤマウコギと思います。ゴールは3箇所にあって、A:雄花の後に作られたゴール、B:雌花の後に作られたゴール、C:枝に作られたゴール。
これらのゴールの名称を教えてください。よろしくおねがいします。

形成者は中にいたキジラミの幼虫と羽化させた成虫を専門家の井上広光先生に送り、Trioza属の一種という回答をいただきました。日本未記録種で近い内に発表されるそうです。


寄主植物:ケヤマウコギ
撮影年月日:2018年10月16日/長野県南佐久郡南牧村
 

2018/10/27(Sat) 14:25 No.3365
Re: ケヤマウコギの虫えい 投稿者:湯川淳一

Hepota 様:ケヤマウコギの虫えいについて、寄主植物とキジラミの同定結果をご投稿下さり、有難うございました。虫えい図鑑には、 Toryoza ukogi Shinji によってヤマウコギに形成される、ウコギハグキツトフシフシ C-420 という虫えいが掲載されいます。今回のキジラミが、既知のキジラミとは異なり、日本未記録の同属別種だったとの事、大変興味深く思っています。虫えい和名につきましては、キジラミを同定された、井上さんとご相談して頂くのが良いと思います。虫えい番号は、C-4210 にしますと、どの虫えいとも重複しませんので、良いと思います。

2018/10/29(Mon) 10:25 No.3368
Re: ケヤマウコギの虫えい 投稿者:Hepota

湯川淳一様。前回ノコンギクのメウロコフシで教えていただいた際、てっきり虫えいの名前は自動的に決まるのかと思ってしまいました。井上さんに相談してみます。

2018/10/25(Thu) 22:36 No.3355
滋賀県のアカネツボミフクレフシ 投稿者:Tominaga

滋賀県でアカネツボミフクレフシ D-0383 を確認しましたので報告させていただきます。

以前にカナムグラハウラコブフシ C-2250a を確認した場所の近くです。


寄主植物:アカネ
撮影年月日:2018年10月25日/滋賀県長浜市
 

2018/10/27(Sat) 14:34 No.3366
Re: 滋賀県のアカネツボミフクレフシ 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:アカネツボミフクレフシの新しい分布地域をご報告頂き、誠に有り難うございました。この結果、現在では、栃木、千葉、東京、神奈川、志賀 正和 様、奈良、和歌山、島根、徳島の9県で見つかった事になります。まだ、タマバエの属は同定されていません。

2018/10/29(Mon) 23:07 No.3369
Re: 滋賀県のアカネツボミフクレフシ 投稿者:Tominaga

湯川先生
新分布地域としてご確認いただきありがとうございました。今後も気を付けてみたいと思います。


2018/10/24(Wed) 23:55 No.3351
野菊のカワリメフシ? 投稿者:ハンマー

写真のような野菊の葉の付け根と葉裏にカワリメフシと思われるゴールが形成されていました。
植物は、虫えい図鑑に図示されているシラヤマギクではないようですが、よくわかりません。もう少し検討してみようとおもいます。


寄主植物:キク科シオン属
撮影年月日:2018年10月21日/兵庫県三田市
 

2018/10/25(Thu) 00:05 No.3352
Re: 野菊のカワリメフシ? 投稿者:ハンマー

軽く木質化した芯の周りに多数の芽状の構造物がみられ、内部は小葉状のものがタマバエ幼虫を取り囲んだようになっていました。幼虫は2齢と3齢が混在していました。写真では色が出ていないかもしれませんが、淡いオレンジ色で、3齢幼虫が約1mmでした。

寄主植物:キク科シオン属
撮影年月日:2018年10月21日/兵庫県三田市


2018/10/25(Thu) 17:11 No.3354
Re: 野菊のカワリメフシ? 投稿者:湯川淳一

ハンマー様:野菊のカワリメフシ?のご投稿、有難うございました。ヤマシロギクにも似たようなカワリメフシがあります。カワリメフシには、大小があり、形成場所によっても、形状が少し異なる場合もあります。写真を拝見する限り、カワリメフシの可能性大です。幼虫が、ヨモギに虫えいを形成する Rhopalomyia 属かどうか、興味のあるところです。Rhopalomyia だと3齢幼虫に胸骨がありません。いかがでしょうか?

2018/10/26(Fri) 09:07 No.3358
Re: 野菊のカワリメフシ? 投稿者:ハンマー

湯川先生、コメントありがとうございます。
みたところ、胸骨はないようです。採集しましたので、お送りします。
ホストについては、この週末に行って、再確認しようと思っていますが、白い野菊の同定は、は私には難しいです。


2018/10/27(Sat) 14:42 No.3367
Re: 野菊のカワリメフシ? 投稿者:湯川淳一

ハンマー様:野菊のカワリメフシにいた幼虫には胸骨がないとのご報告、誠に有り難うございました。シラヤマギクカワリメフシ D-0800 を形成するのは、Dasineura asteriae (Shinji, 1942) だと言う進士織平先生のご報告があります。通常、Dasineura 属の3齢幼虫には胸骨がありますので、ハンマー様のご報告には、大変興味があります。幼虫標本をお送りいただけるとの事、検鏡させて頂けますのを楽しみにしています。標本は受取人払いにして下さいますようお願い申し上げます。

2018/10/12(Fri) 19:54 No.3344
メグスリノキの虫えい 投稿者:広沢 毅

メグスリノキの葉についている虫えいと思われるものをを見つけました。
これは何でしょうか。


寄主植物:メグスリノキ(ムクロジ科)
撮影年月日:2018年10月7日/東京都桧原村南郷近辺
 

2018/10/12(Fri) 21:54 No.3345
Re: メグスリノキの虫えい 投稿者:南 常雄

広沢 毅 様、ご投稿ありがとうございます。
アブラムシによる虫えいか、フシダニによって形成されたダニえいと思われますが、未記録のものと思われます。フシダニの場合は、現在、専門家からのコメントをいただける先生がいませんので、アブラムシについて、研究されている先生に連絡してみます。


2018/10/13(Sat) 16:11 No.3346
Re: メグスリノキの虫えい 投稿者:南 常雄

青木重幸 様、ご教示ありがとうございます。
青木先生より下記のメールをいただきましたので、引用させていただきます。
メグスリノキの虫えいですが、写真を拝見いたしました。アブラムシのゴールはカエデの仲間からは記録がありませんので、アブラムシではないと思いますが、中を開けてみないと確実なことはわかりません。


2018/10/15(Mon) 13:46 No.3349
Re: メグスリノキの虫えい 投稿者:広沢 毅

南様、いままでに見つかっていない虫えいなんですね。
現地へ行くことがあったら、サンプルを採集してこようと思います。


2018/10/09(Tue) 13:59 No.3338
ノギクの虫えい? 投稿者:Hepota

昨日(2018年10月8日)、長野県の野辺山で見つけました。標高1300mほどです。
ノギクの一種についていたのですが、何かわかりますでしょうか?


寄主植物:ノギクの一種
撮影年月日:2018年10月8日/長野県南佐久郡
 

2018/10/09(Tue) 16:08 No.3339
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:南 常雄

ご投稿ありがとうございます。
複数のシオン属(Aster)に同様の虫えい(メウロトフシ)が形成されますが、詳細は湯川先生に連絡して、コメントをいただきたいと思います。


2018/10/09(Tue) 19:15 No.3340
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:湯川淳一

Hepota 様:ご投稿、誠に有り難うございました。南さんが仰るように、シオン属(Aster)には、タマバエの一種によってメウロコフシが形成されます。これまで、ヤマシロギクやタマバシロヨメナ、シロヨメナ、ノコンギク、エゾノコンギクに形成されることが知られています。これらの他に、別属のユウガギクメウロコフシもあります。もし、植物の名前が判明しましたら、教えて頂けますようにお願い申し上げます。

秋は、キク科植物の虫こぶが沢山見られる季節です。この他にも、見つかりましたら、ぜひ、ご投稿のほど、お願い申し上げます。


2018/10/10(Wed) 12:54 No.3341
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:Hepota

南様、湯川様、ご教示ありがとうごさいます。このように整った形の虫えいがあるとは驚きました。植物の方は詳しくないのですが、次回訪れたときに詳しく調べてみようと思います。

基本的な質問で恐縮ですが、例えばノコンギクにこのような虫えいがあった場合、形成者の種にかかわらず「ノコンギクメウロコフシ」と呼んで良いのでしょうか?


2018/10/10(Wed) 16:49 No.3342
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:湯川淳一

Hepota 様:ノコンギクにこのような虫えいがあった場合、形成者の種にかかわらず「ノコンギクメウロコフシ」と呼んで構いません。虫えい和名は形成者が未同定の時でも、虫えいを区別するためにつけている名前ですから、問題はありません。同じ種の植物上の同じ形状をした種類の虫えいに、別々の名前がつけられないように、なるべく多くの皆様と連絡を取り合って、虫えい和名を考えています。今後のご投稿を楽しみにしています。

2018/10/10(Wed) 17:46 No.3343
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:Hepota

湯川様ありがとうございます。虫えい和名の意味は理解しました。植物の名前についてはしばらくお待ち下さい。

2018/10/17(Wed) 13:25 No.3350
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:Hepota

行ってきました。植物は詳しくないのですが葉の両面に短毛が多いのでノコンギクではないかと思うのですが、この写真でわかるでしょうか?


寄主植物:
撮影年月日:2018年10月16日/長野県南佐久郡


2018/10/25(Thu) 16:56 No.3353
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:湯川淳一

Hepota 様:再投稿、有難うございました。私も植物分類学者ではありませんので、写真ではキクの同定はできません。現状では、仮にノコンギクメウロフシとしておきましょう。いずれかの機会に、植物名が確実になりましたら、改めて、虫えい和名を考えましょう。

2018/10/26(Fri) 03:53 No.3356
Re: ノギクの虫えい? 投稿者:Hepota

湯川淳一様、みていただきありがとうございます。やはり難しいのですね。植物名が判明するのを楽しみにしています。

2018/10/01(Mon) 17:35 No.3334
業務連絡 投稿者:南 常雄

「投稿虫えい一覧」に4月〜9月にご投稿いただいたゴールを加えました。当掲示板を開設したのは、2013年10月なので、一覧表で検索した年月日を参考に、本ページの末尾にある[1]〜[31]を案分し、当りを付けて検索してください。
 

2018/10/01(Mon) 10:59 No.3328
ツノハシバミオバナメフクレフシ 投稿者:hal-co

福島県,標高900m程度のところで観察できた報告です。

ガードレールの向こうの崖に生えていたツノハシバミなので,手に取って観察できず,望遠コンデジでなんとか撮影した画像です。
雄花の数自体がまだ少なく,虫えいができていたのもこの雄花くらいでした。
また福島県に行く予定がありますので,次回は手に取って観察できる標本を探します。


寄主植物:ツノハシバミ
撮影年月日:2018年9月15日/福島県耶麻郡猪苗代町
 

2018/10/01(Mon) 11:02 No.3329
Re: ツノハシバミオバナメフクレフシ 投稿者:hal-co

同一個体にあった,別の虫えいも報告します(ツノハシバミオバナメフクレフシではない虫えい)。
葉芽にできたものなのか,雌花の冬芽にできたものなのか,不明です。


寄主植物:ツノハシバミ
撮影年月日:2018年9月15日/福島県耶麻郡猪苗代町


2018/10/01(Mon) 16:31 No.3333
Re: ツノハシバミオバナメフクレフシ 投稿者:湯川淳一

hal-co 様:ご投稿、有難うございました。ツノハシバミオバナメフクレフシ C-0408 は、青森県で見つかっています(nabita さん、No. 1750)。福島県からは初めてです。もう一つは、ツノハシバミメフクレフシ C-0405 の可能性大です。これも青森県で見つかっています(nabita さん、No. 1741)。この虫えいも福島県からは初めてです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018/10/01(Mon) 23:30 No.3335
Re: ツノハシバミオバナメフクレフシ 投稿者:hal-co

湯川先生,ご確認くださりありがとうございます。
2つめの虫えいはツノハシバミメフクレフシの可能性大,とのこと,また探してみます。
ツノハシバミ自体は東北各地,富士山周辺でよく見ますが,虫えい自体はほとんど目にしていませんでした。今後も注意して観察します。


2018/09/29(Sat) 15:18 No.3325
コナラハベリオレフシ? 投稿者:Tominaga

コナラの葉の縁が表側に折れているものがみられました。以前にナラガシワでみたハベリオレフシと似ています。これらは茶色に変色しており、幼虫はいませんでした。
これはコナラハベリオレフシ(C−0493a)でよいでしょうか?ご教示お願いします。


寄主植物:コナラ
撮影年月日:2018年9月26日/香川県高松市
 

2018/09/30(Sun) 13:35 No.3326
Re: コナラハベリオレフシ? 投稿者:湯川淳一

Tominaga 様:これは、韓国のコナラとミズナラで見つかったナラハベリマキフシだと同じ虫えいと思われます。もしそうだとすれば、日本初発見です。葉裏に巻くハベリウラマキフシは、日本と韓国のコナラ C-0498a、カシワ(韓国)、ミズナラ C-0498b で知られています。ハベリオレフシの方は、別物です。

Quercus 属の葉縁を巻いたり折ったりするタマバエの虫えいにつきましては、先日、名古屋で開かれました日本昆虫学会大会で、韓国のキム君が、南さんと湯川との共同で講演しています。今回の虫えいもキム君に連絡して、コメントもらうことにします。その上で、新しい虫えい番号を決定させていただきます。


2018/10/01(Mon) 09:35 No.3327
Re: コナラハベリオレフシ? 投稿者:キム・ワンギュウ

Tominaga様:キム・ワンギュウです。
この度は、コナラのハベリオレ型のゴールを見つけて頂きありがとうございます。
写真を拝見致しました。
表の方へ折れるゴールと見られ、結構長く形成されているものから、「ハベリナガオレフシ」と思われます。
このゴールのコナラ寄主のものについては詳細に比較出来ていないのですが、
コナラハベリオレフシ(C−0493a)との違いは、
‐ゴールの長さや形状
‐ゴール内に複数の幼虫が存在する
‐寄主や形成部位によってゴールの形状に変化がある

カシワのゴールの写真を参考として添付します。
どうぞよろしくお願い致します。


寄主植物:カシワ
撮影年月日:年月日/


2018/10/01(Mon) 16:22 No.3332
Re: コナラハベリオレフシ? 投稿者:湯川淳一

キムさん:コメントを有難うございました。その後、Tominaga さんから。個別に私のメールに届いた写真は、コナラハベリオレフシでした。恐らく、複数種類の葉縁の虫えいが同所的にいるようです。

Tominaga 様:来春、新鮮な虫えいの撮影と採集をお願いできますれば有り難いです。幼虫の形態や DNA の比較をやってみましょう。よろしくお願い致します。


2018/10/02(Tue) 22:27 No.3336
Re: コナラハベリオレフシ? 投稿者:Tominaga

湯川先生、キム・ワンギュウ 様、コメントいただきありがとうございます。
ハベリナガオレフシは初めてです。カシワはこちらには少ないですが、ナラガシワは多いので同じものがないか気をつけてみます。
来春に高松へ行く機会があるかどうかわかりませんが、行くことができましたら採取を試みたいと思います。
ついでながら、湯川先生にメールでお送りしたハベリオレフシの画像を添付します。


寄主植物:コナラ
撮影年月日:年月日/


2018/09/29(Sat) 09:25 No.3322
ミズナラミホソウロコフシ(仮称) 投稿者:南 常雄

殻斗から細長い鱗状片が叢生したゴールで、長さ16〜18mm、太さ4〜5mm。鱗状片の中央部に球形の核(幼虫室)があります。成熟したゴールは落下し、地上のゴール内で幼虫越冬すると思われます。
図鑑等に掲載がないようですので、ミズナラミホソウロコフシとして記録しようと思います。


寄主植物:ミズナラ
撮影年月日:2018年9月12日/北海道深川市
 

2018/09/29(Sat) 09:28 No.3323
Re: ミズナラミホソウロコフシ(仮称) 投稿者:南 常雄

核は周囲の複数の鱗状片の中央部と点で癒着し、基部に空室があります。幼虫室の壁は白色でやや木質、中に白色の幼虫が1匹入っています。核外形1.7mm、幼虫室内径1.2mm、幼虫の体長1.3mm。


寄主植物:ミズナラ
撮影年月日:2018年9月15日/


2018/10/01(Mon) 13:20 No.3330
Re: ミズナラミホソウロコフシ(仮称) 投稿者:井手

南さま
似たものを昨年9月に北海道で見つけました。タマバチの一種によるものと思われます。ナラミウロコタマフシの少し形が変わったものかも?と考えていましたが、ぜひ成虫を得て、正体を確認したいと思っています。成虫が得られましたらぜひご一報ください。


寄主植物:ミズナラ
撮影年月日:2017年9月16日/北海道札幌市


2018/10/01(Mon) 15:43 No.3331
Re: ミズナラミホソウロコフシ(仮称) 投稿者:南 常雄

阿部先生、お手数をおかけいたしました。
井手先生、コメントならびにご教示ありがとうございます。
当初、私も未熟のナラミウロコタマフシまたは異形かと思いましだ。枝ごと採集したゴールを、10日ほど水挿しで観察しましたが形状の変化が見られませんでした。またゴールを解剖すると、内部の構造が異なるので、別のゴールではないかと思い投稿しました。4個のゴールを保存していますので、成虫の羽化を待ちたいと思います。




[01] [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33]

処理 記事No 投稿キー

- Joyful Note -