0051720
虫えい同好会掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [過去ログ] [管 理 用]
おなまえ
 Eメール非表示 非リンク
タイトル
投稿記事
 参照URL
 添付画像
寄主植物
写真情報 撮影年月日日/場所(都道府県 市町村)
(上記のの箇所は添付画像が無いとログに表示されません。)
投稿キー (任意の英数字で8文字以内)
(上記のの箇所はすべて記入しないと投稿できません。)
 文字色

2015/04/08(Wed) 08:02 No.1250
ボタンヅルのゴール 投稿者:Nabita

先週に引き続き、キンポウゲ科センニンソウ属のゴールです。ボタンヅルのゴールは、最初太平洋側で4個見つけ、翌日奥羽山脈西側の黒石市で1個採集しました。しかし、それらを解剖しても、寄生や死亡ばかりで、形成者を見つけることができませんでした。

寄主植物:ボタンヅル
撮影年月日:2014年11月22日/青森県階上町
 

2015/04/08(Wed) 08:04 No.1251
Re: ボタンヅルのゴール 投稿者:Nabita

勤労感謝の日の3連休最終日に、日本海側でまとめて十数個ボタンヅルのゴールを採集することができ、2年生以上の太い蔓にもゴールが出来るのもわかりました。やはり寄生・死亡が目立ちましたが、いくつかハモグリバエと思われる蛹が確認できました。

寄主植物:ボタンヅル
撮影年月日:2014年11月24日/青森市深浦町(旧岩崎村)


2015/04/08(Wed) 18:08 No.1252
Re: ボタンヅルのゴール 投稿者:Iwasaki

はっきりとしたゴールですね。このゴールから得た蛹も昨年お預かりして観察しています。残念ながらまだきちんとした成虫が得られていませんが、囲蛹の形状からハモグリバエだろうと思っています。画像を見ると、ゴールから脱出するための坑道を形成した後に後退してから蛹化しているように見えます。


2015/04/08(Wed) 20:31 No.1253
Re: ボタンヅルのゴール 投稿者:Nabita

Iwasakiさん、早速のコメントありがとうございます。おっしゃる通りわかりやすいゴールで、ボタンヅル自体も普通の植物ですので、野外での羽化が始まる前に追加を採集したいと考えています。採れましたら、改めてお送りします。

2015/04/01(Wed) 08:13 No.1244
センニンソウツルフクレフシ? 投稿者:Nabita

先週に引き続きセンニンソウのゴールです。深浦町ではゴールが1個しかみつけられませんでしたので、大株があるのを知っていた、津軽半島北部の日本海側へ行ってみました。2株から探して、数個のゴールを見つけることができました。

寄主植物:センニンソウ
撮影年月日:2014年11月29日/青森県中泊町(旧小泊村)
 

2015/04/01(Wed) 08:14 No.1245
Re: センニンソウツルフクレフシ? 投稿者:Nabita

形成者と考えられるものがいたのは2個のゴールだけでした。前回同様良くない写真ですが、ハモグリバエと考えられる蛹がゴール内に見られました。写真は特徴的な囲蛹の頭部突起にピントを合わせています。
湯川先生、先週の投稿へのコメントありがとうございました。センニンソウにもタマバエのゴールが知られているとのことで、早い時期から注意して探してみようと思います。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/04/01(Wed) 17:34 No.1246
Re: センニンソウツルフクレフシ? 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、ご投稿ありがとうございます。
ハモグリバエらしいということですので、岩崎暁生様に連絡いたしました。
どうも私はセンニンソウを見たことがないようで、寄主がぴんと来ません。道内にも自生があるようなので気をつけて見てみます。


2015/04/02(Thu) 21:08 No.1247
Re: センニンソウツルフクレフシ? 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。あまり考えないで投稿しましたが、突起があるのは尾部のような気もしてきました。岩崎さんが登場してくださればいいのですが。
センニンソウは個人的には昨年初めて認識した植物です。最初、蕾に蛾の幼虫が食入しているのを見つけ、これはゴールではないなとがっかりしました。次いでハオレフシ型にアブラムシのコロニーが出来ている株を見て、これはゴールでいいのだろうと思いました。これについては機会があれば、いずれ投稿するかもしれません。最終的には、特徴的な種子を見て、初めてこの仲間だと分かった次第で、私の植物に関する知識はそんな程度です。


2015/04/04(Sat) 08:46 No.1248
Re: センニンソウツルフクレフシ? 投稿者:Iwasaki

囲蛹(蛹化に伴う脱皮をせずに硬化させた幼虫の体:内部に本当の蛹がある)の形状から、間違いなくハモグリバエと思います。左上に見える1対の小さな突起はご明察通り頭部にある前気門です。実は昨年秋にお預けいただいた当該サンプルからはうまく成虫を羽化させることができず、素性を明らかにするには至っていません。ハモグリバエ科のゴールは国内ではヤナギ、フジ、ヘクソカズラといった植物では知られている一方、センニンソウなどキンポウゲ科では記録がありません。国外ではキンポウゲ科の茎内に寄生する種が少なくないので、そういった種が今後見つかってくるかもしれません。興味深い種と思います。

2015/04/04(Sat) 20:41 No.1249
Re: センニンソウツルフクレフシ? 投稿者:Nabita

Iwasakiさん、コメントありがとうございます。突起は前気門でよかったですか。ぱっと見て頭部側かと思ったのですが、よく考えてみたら有弁翅類では尾部に複数の突起があるのがいるのを思い出し、小さい突起も見えるので、もしかしたら前後逆に考えたのかと自信がなくなっていました。

2015/03/25(Wed) 08:12 No.1239
センニンソウのゴール 投稿者:Nabita

先週に引き続き、ゴール内にゾウムシがいたものを紹介します。日本海側秋田県境近くの海岸近くに生えていたセンニンソウ蔓の節の部分が膨らんでいました。付近の別の株も探しましたが、ゴールはこれひとつしか見つけられませんでした。

寄主植物:センニンソウ
撮影年月日:2014年11月23日/青森県深浦町(旧岩崎村)
 

2015/03/25(Wed) 08:13 No.1240
Re: センニンソウのゴール 投稿者:Nabita

ピントが甘くて、写真が悪くて申し訳ありませんが、節が膨れていた部分を割ると、内部にゾウムシの幼虫がいました。
来週から4月ですが、とりあえず冬枯れ対策投稿は続け、今週に引き続きキンポウゲ科のゴールを紹介していきます。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/03/25(Wed) 22:28 No.1241
Re: センニンソウのゴール 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
明日からは、山形ですか。お気をつけて、行ってらっしゃい。
薄葉先生に、エゾミソハギにチビゾウムシのゴールができていないか、情報をいただいたのを思い出します。


2015/03/31(Tue) 10:58 No.1243
Re: センニンソウのゴール 投稿者:湯川淳一

Nabitaさん: 山形での応動昆大会でお目にかかれて幸いでした。センニンソウの茎のゴールにはゾウムシがいましたか! タマバエも茎のゴールを作りますので、今後を楽しみにしております。

2015/03/21(Sat) 21:14 No.1232
ネズミサシハタマフシ 投稿者:ハンマー

久しぶりの投稿になります。
ネズミサシハタマフシは当地では最も普通に見られるゴールの一つですが、このゴールから成虫(オカヤマタマバエ)の羽化が始まりした。春先にネズミサシでこんな騒ぎが繰り広げられていることに気付いたのは昨年ですが、今年も出会うことができました。


寄主植物:ネズミサシ
撮影年月日:2015年3月21日/兵庫県三田市
 

2015/03/21(Sat) 21:18 No.1233
Re: ネズミサシハタマフシ 投稿者:ハンマー

新芽はびっしりと産卵されていて、真っ赤になっています。
明らかに卵が過剰ですが、無事にゴールの主になれる個体は、単に早い者勝ちで決まるのでしょうか?それとも、何か別の競争があるのでしょうか?


寄主植物:ネズミサシ
撮影年月日:2015年3月21日/兵庫県三田市


2015/03/21(Sat) 22:02 No.1235
Re: ネズミサシハタマフシ 投稿者:南 常雄

ハンマー様、ご投稿ありがとうございます。
いよいよ、ゴールのシーズンがはじまりですね。よろしくお願いします。


2015/03/23(Mon) 07:25 No.1236
Re: ネズミサシハタマフシ 投稿者:Nabita

ハンマーさん、リアルタイムの春の便りありがとうございます。タマバエが産卵するところは見たことがありません。集団で産卵するとのこと、ホストの植物が硬い針葉で捕食者が近寄りにくく、また集団でいることのエスケープで、気温の低い春ならではの日中の集団産卵が成立するのでしょうか。

2015/03/24(Tue) 00:04 No.1237
Re: ネズミサシハタマフシ 投稿者:ハンマー

南様  今年も、ゴールの観察を楽しみたいと思っています。虫の産卵を見るのは大好きなので、撮れたらまた、投稿させてください。

Nabita様  私はこのように日中に集団で産卵するタマバエの例を、他に2種知っています。1種はエゴノキで3月末、もう1種はヒノキ科で5月と6月です。たくさんのゴールを集中的に形成する種では、規模の大小はあっても、似たような産卵様式をとっているのだろうと、単純に考えていました。
ネズミサシには、ハタマフシ以外にメロッポウフシというゴールが形成されていて、こちらはまだ幼虫です。昨年はこの種の羽化のタイミングを見逃したので、今年はなんとか観察したいと狙っています。


2015/03/24(Tue) 23:12 No.1238
Re: ネズミサシハタマフシ 投稿者:湯川淳一

ハンマー様: ネズミサシハタマフシのご投稿を有り難うございました。図鑑作製の時に良い写真が無くて、井上先生の図を参考にさせて頂いたのですが、今回の写真は、ぜひ、次の機会に使わせて頂ければ有り難いです。成虫と蛹の殻、幼虫の標本も、ぜひ、確保しておいて下さい。中国地方には以東には、ネズミモチがよく見られますが、九州にはネズミサシはほとんど見かけません。ハリオタマバエやウロコタマバエは、植物の組織内部や芽の中など保護された場所に生みますので、このように赤くなるほど、集中産卵することはありません。それ以外のタマバエの♀では、しばしば、このように沢山の卵を産みつけます。ヨモギの Rhopalomyia 属のタマバエでも見られます。羽化幼虫は、多少とも、分散しますが、卵期の死亡率が非常に高くなりますので、ゴールが形成される頃には、葉当りや芽当りゴール数は、それほど高くなりません。卵期の死亡要因は捕食者による摂食が主なものだと思います。詳しいデータはありませんが、集合効果があるのかも知れません。卵数のデータと形成されたゴール数のデータが取れれば良いのですが。さらなるご投稿を楽しみにしております。

2015/03/26(Thu) 06:39 No.1242
Re: ネズミサシハタマフシ 投稿者:ハンマー

湯川先生  コメント、ありがとうございます。こちらでは、ネズミサシは普通にみられます。昆虫ではよくあることですが、ゴールが形成される株とされない株があり、形成される株ではほとんど全ての枝先にゴールがみらます。中間的な株はほとんど見られません。私の歩くコースでは、少なくとも1/4のネズミサシにハタマフシが見られます。羽化は2週間程度は続くようなので、次の週末には成虫、蛹、蛹殻は採れると思います。このタマバエは蛹で越冬するので、3齢幼虫は秋には得ることができると思います。
ネズミサシロッポウフシはこちらでは少なく、このゴールが形成されるネズミサシは1株しか見つけていませんが、こちらの羽化も楽しみにしています。


2015/03/18(Wed) 20:07 No.1226
ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:Nabita

ツリガネニンジンには良く知られたゴールとして、ツリガネニンジンツボミフクレフシがありますが、自分では昨年8月下旬に初めて確認できました。以後、ツリガネニンジンを見つけるたびにゴールを探すことにしています。日本海側の砂丘地でツボミフクレフシのようなものがあったので、撮影・採集しました。

寄主植物:ツリガネニンジン
撮影年月日:2014年9月20日/青森市五所川原市(旧市浦村)
 

2015/03/18(Wed) 20:07 No.1227
Re: ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:Nabita

採集して来たツボミフクレフシ風のものを解剖すると、タマバエの幼虫は見つかりませんが、寄生バチの蛹があり、齧られた種子の残骸もありました。何か種子を食害していた昆虫が寄生を受けたものなのでしょう。ゴールを割っていくと、ゾウムシの蛹が入っているものがあり、種子を食害した正体のようです。これがゾウムシのゴールであるかは、もう少し観察例が必要そうなので、他の地域でも探していただきたく、お知らせする次第です。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/03/18(Wed) 23:40 No.1228
Re: ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:湯川淳一

Nabita様: ツリガネニンジンのゴールのご投稿を有り難うございました。ツリガネニンジンには、ツリガネニンジンメコブフシと、ツリガネニンジンツボミフクレフシが知られています。後者は、ヒメシャジンツボミフクレフシを作るタマバエと同種ではないかと考えていますが、DNA 解析が必要です。いずれも、タマバエは未同定です。今回の写真を拝見する限り、ツリガネニンジンツボミフクレフシに似ています。このゴールは、これまで、北海道、栃木県、埼玉県、徳島県で採集されています。ヒメシャジンは岩手県で記録があります。ゴール内に寄生蜂がいた由、どんな寄生蜂が羽化するのでしょうね。ゾウムシはゴール形成者の可能性は低いかも知れませんね。タマバエの幼虫が見つかると良いのですが。

2015/03/19(Thu) 07:43 No.1229
Re: ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:Nabita

湯川先生、コメントありがとうございます。内部にあった寄生バチの蛹は、タマバエ幼虫1頭だけを捕食したものとしては大きかったので、この果序にツボミフクレフシが含まれていたかは判断できずにいます。次週もゾウムシについて投稿する予定ですが、ゾウムシにも存外ゴールメーカーがいるのかもしれません。
寄生バチが出てきた場合は、虫は全て捨ててしまっています。どなたか引き取ってくださる人がいるのかも知りませんし、何よりサンプル瓶が1本100円以上しますので、いちいち回収していたら、手間も経費もかかります。とはいえ、今年からはタマバエの自己初採集はかなり減るでしょうから、その他のゴールメーカーの標本も保存しておくよう心掛けたいと思います。
先週投稿のキツネヤナギハウラタマフシにもコメントいただいておりましたが、気づくのが遅くなったので、お返事をしないまますませてしまい、失礼いたしました。


2015/03/19(Thu) 11:46 No.1230
Re: ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:湯川淳一

Nabita様: 寄生蜂は見てくれる人がいますので、後ほどお知らせします。コバチの中にもゴール組織を摂食するものもいます。また、ウツギメタマフシの中には、あたかも、ゴール形成者のような状況でゾウムシが入っています。よろしければ、ゴール内にいるゾウムシを研究している人もご紹介します。

2015/03/19(Thu) 20:05 No.1231
Re: ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:Nabita

湯川先生、コバチの研究者をご紹介くださるとのことで、誠にありがとうございます。幼虫や蛹を取っておくかは微妙なところですが、時々死にごもりの成虫なども見られますので、そうしたものはただ捨てるのはもったいなく思っていましたので、今年も既知のゴールでも観察・解剖等したいと思います。

2015/03/21(Sat) 21:54 No.1234
Re: ツリガネニンジンのゴール? 投稿者:南 常雄

Nabita様、湯川先生、ご投稿ならびにご教示、ありがとうございます。
少しピントがあってませんが、ツリガネニンジンツボミフクレフシを解剖したときに幼虫を撮った写真があったので添付します。ゴール内に寄生蜂の蛹がありましたが、記録をしてませんでした。


寄主植物:ツリガネニンジン
撮影年月日:2009年9月16日/北海道雄武町


2015/03/17(Tue) 21:34 No.1224
訃報です 投稿者:湯川淳一

埼玉の薄葉 重 先生が、3月9日にお亡くなりになられましたので、お知らせ申し上げます。沢山の種類のゴールを発見され、いろいろな雑誌に採集記録を報告して下さいました。ゴールのも本も執筆されています。都立両国高校時代の大勢の教え子さんたちにも、ゴールの面白さを伝えて下さいました。大切なゴール仲間を無くし、残念でたまりません。心からご冥福をお祈りしたいと存じます。
 

2015/03/17(Tue) 22:18 No.1225
Re: 訃報です 投稿者:南 常雄

湯川先生、ご連絡ありがとうございます。
ゴール観察をはじめてまだ手探り状態のときに、何度かご教示賜り、湯川先生をご紹介していただきました。ご存命中にお目にかかることは叶いませんでしたが、生前のご指導に感謝申し上げ、心からご冥福をお祈りいたします。


2015/03/13(Fri) 23:24 No.1220
ハオレハバチゴールに別のハバチ 投稿者:黒岩

ご無沙汰しています。
数ヶ月の間調子が乗らず、ご報告できなくなり申し訳ございません。

私のフィールドでは、ヤナギのハベリオレフシはシロヤナギに多いです。カワヤナギ(正確にはエゾノカワヤナギでしょうか)に多い地点がありましたが、調べた時期が遅いせいかほとんどが空でした。私はこの中にいるハバチの幼虫をハオレハバチ類と思っていました。
ただ、気がかりなことはありました。「虫えい図鑑」及び南さんの「北海道の虫えい」では、ゴール形成ハバチはいずれも地中で繭を紡ぐとされていますが、飼育したハバチの終齢幼虫は土には潜らず、枯れ枝に穴を掘りました。

それから、偶然ですがこのハバチの成虫を年内に得ることができました。幼虫が潜った枝を動かしたら、1匹が穴から外に出てしまいました。それを保管していると、なんと10日後に蛹になったのです!(透明な緑色のきれいな蛹ですが、気持ち悪くはあるので腹側を撮っていませんでした)
ハバチの越冬態は前蛹が多いので、蛹になったならすぐに成虫になるのではと思っていたら、わずか5日後に羽化しました。この時はハオレハバチの成虫を得られて、しかも年内に成虫にする方法を発見できたと喜んでいました。実際にその後に、あらかじめ折ってボンドで繋いだ枝に潜った幼虫を2日後に出すことで、他に4成虫を得られました(画像は第二号です)。ただし後の個体は蛹化しなくなったので、1日(24時間)がいいかもしれません。
ところが調べを進めると、この成虫はヒゲナガハバチ亜科ですらなくハグロハバチ亜科である、カラフトホソハバチらしいのです(画像はPDF「兵庫県におけるハバチ類の種多様性」で確認できます)。大きさもゴール形成ハバチは4〜5mmと小さいですが、こちらは中程度で約7mm、1cm近いこともありました。カラフトホソハバチの寄主植物は不明で、ヤナギでハオレハバチ類のゴールを利用することと矛盾しません。ハバチゴールを利用する他のハバチの情報は聞いたことがありません。


寄主植物:シロヤナギ
撮影年月日:2014年10月14日/北海道札幌市
 

2015/03/13(Fri) 23:50 No.1221
カラフトホソハバチの生態? 投稿者:黒岩

ところで6月、ハオレハバチの幼虫を見つけていない時期、シダレヤナギにいたハマキガの巣(中身は蛹です)を持って帰るとハバチの幼虫が2匹ついてきました。同種らしい幼虫が近くのオノエヤナギの葉裏にも1匹いて、どれも終齢は餌を食べず枯れ枝に潜りました。枝を入れていた容器は定期的に見ていましたが、約2ヶ月後の8月末に画像のハバチが1頭死んでいました。幼虫の形態にも明確な差がなく、これもカラフトホソハバチらしいのです。
後にカラフトホソハバチ(仮)の前蛹を枯れ枝の外に出すと蛹化、羽化する可能性があることを見つけた後、6月に潜った幼虫を外に出すと動いており、羽化した1頭以外が死んでいて羽化しなかったわけではありませんでした。「兵庫県におけるハバチ類の種多様性」では、カラフトホソハバチの成虫は春にしか得られていませんが、8月末に1頭が羽化したのは第2化の成虫が少数現れるということでしょう。同じハグロハバチ属の他種も春と晩夏の2回現れて、第2化は採集記録が少ないということが多いです。
本種の幼虫は飼育下では葉と容器の底の間にいることが多く、ハベリオレフシではなくても物陰にいたいようです。ハベリオレフシのある葉は通常より早く落葉することが多く、幼虫の見られる終期には数頭が通常の葉にいました。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/03/14(Sat) 01:31 No.1222
Re: ハオレハバチゴールに別のハバチ 投稿者:南 常雄

黒岩様、お久しぶりです。
詳細なご投稿ありがとうございます。
「北海道の虫えい」のハバチの説明は「虫えい図鑑」を引用させていただいているものが多く、飼育は土繭を作るまで観察して、成虫の羽化までは飼育を続けていません。ハオレフシについては、まだいくつか観察したいことがあるので、少しずつですが北海道の虫えいを更新していきます。


2015/03/14(Sat) 15:56 No.1223
Re: ハオレハバチゴールに別のハバチ 投稿者:湯川淳一

黒岩さん: 久しぶりにご投稿、有り難うございました。ハバチの専門の方が、コメントをして下さって、大変、心強い限りです。私も、大いに勉強させて頂きます。今後とも、よろしくお願い致します。

2015/03/12(Thu) 07:43 No.1209
キツネヤナギハウラタマフシ 投稿者:Nabita

メフクレフシがあったキツネヤナギには、ハウラタマフシもありました。大きなものでは長径1cm以上あったのですが、採集時にはヤナギとは思っていなかったので、希望的観測からタマバエだったらいいなと考えていました。

寄主植物:キツネヤナギ
撮影年月日:2014年10月12日/青森市
 

2015/03/12(Thu) 07:46 No.1210
Re: キツネヤナギハウラタマフシ 投稿者:Nabita

解剖してみたら、中にいたのはハバチ幼虫で、おくびにも想定できなかった思い込みを恥じました。ハウラタマフシは葉の中肋に付いていて、付着部の脈が太くなっているので、表面からでもゴールのある葉を見分けることが可能です。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/03/12(Thu) 17:32 No.1212
Re: キツネヤナギハウラタマフシ 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、ご投稿ありがとうございます。
こちらで珍しいヤナギハウラタマフシは、タライカヤナギに形成されるものがあります。タライカヤナギは北海道東部にしか自生しないので、ゴールを見つけてから寄主がタライカヤナギだと分かるまでに、2年ほどかかってしまいました。


2015/03/12(Thu) 21:27 No.1213
Re: キツネヤナギハウラタマフシ 投稿者:Nabita

南さん、いつもコメントありがとうございます。昨夜は飲んで帰って来たので、週課の投稿を忘れてしまい、1日遅れとなりました。ヤナギのゴールは今週で終わりで、来週からはマイナーなゴールメーカーを紹介したいと考えています。そろそろ暖地の方が、リアルタイムの投稿をしていただけないものかと思います。

2015/03/13(Fri) 22:11 No.1217
Re: キツネヤナギハウラタマフシ 投稿者:湯川淳一

Nabitaさん: キツネヤナギハウラタマフシのご投稿、有り難うございました。Pontania 属のハバチですかね? 九州にはヤナギハバチ類が少なく、ゴールもあまり見られません。北の方では、まだまだ、多くの種類が見つかるかも知れませんね。

2015/03/04(Wed) 19:37 No.1202
キツネヤナギメフクレフシ 投稿者:Nabita

昨秋、いつものようにゴールを探しながら、里山を歩いていたら、メフクレフシを見つけましたが、寄主の植物がさっぱりわかりません。

寄主植物:キツネヤナギ
撮影年月日:2014年10月12日/青森市
 

2015/03/04(Wed) 19:38 No.1203
Re: キツネヤナギメフクレフシ 投稿者:Nabita

採ってきたメフクレフシを解剖すると、中にハバチの幼虫がいました。ということはヤナギ科であるようです。翌週、観察会のガイドの当番があったので、植物担当の方に見てもらったところ、キツネヤナギと考えられるとのことでした。キツネヤナギのゴールは「虫えい図鑑」にはリストアップされていません。
湯川先生、先週の投稿にコメントありがとうございました。昨年はこの掲示板にもヤナギハバチを研究されている学生さんが投稿してくださっていましたね。時々掲示板を見ていただいているなら、研究の進展状況などお知らせいただければ嬉しいですね。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/03/04(Wed) 22:12 No.1204
Re: キツネヤナギメフクレフシ 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、ご投稿ありがとうございます。
キツネヤナギだと、通年どこかに茶色の毛が生えていると思います。芽吹きのときに幼葉や花の茶色の毛が分かりやすいのですが、確認できれば間違いありません。
ヤナギ科のメフクレフシも、どのヤナギにも形成されそうですが、今のところ数種のヤナギでしか発見できていません。タマバエによるヤナギメフクレフシも、他のヤナギにも形成例があるようですが、シロヤナギだけしか発見できていません。


2015/03/05(Thu) 20:29 No.1205
Re: キツネヤナギメフクレフシ 投稿者:Nabita

南さん、いつもコメントありがとうございます。植物はまだまだ勉強しないといけませんが、ヤナギ科は特にハードルが高く感じています。南さんの「北海道の虫えい図鑑」を拝見すると、ゴールが沢山見つかっているようなので、今後もなるべく見て回ることにします。

2015/02/25(Wed) 21:14 No.1193
ミヤマヤナギハベリオレフシ 投稿者:Nabita

ミヤマヤナギにはハベリオレフシもありました。ミヤマヤナギのハベリオレは「虫えい図鑑」の巻末リストには見あたりません。

寄主植物:ミヤマヤナギ
撮影年月日:2014年7月13日/青森市八甲田山
 

2015/02/25(Wed) 21:15 No.1194
Re: ミヤマヤナギハベリオレフシ 投稿者:Nabita

折られた葉を開くと、ハバチの幼虫がいました。細葉脈を避けて、葉肉を摂食しているようです。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/02/25(Wed) 22:30 No.1195
Re: ミヤマヤナギハベリオレフシ 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
コブハバチ Phyllocolpa sp.のゴールは、一覧には4種類が掲載されていると思いますが、他の数種のヤナギにもハベリオレフシが確認されています。丁寧に観察すれば更に多くのヤナギにゴールが形成されていそうですね。


2015/02/27(Fri) 07:29 No.1196
Re: ミヤマヤナギハベリオレフシ 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。ハバチに限らず、まだまだ未発見や写真未公開のゴールは多そうです。もう少ししたら、青森県でも消雪の早い場所での調査ができるようになりそうです。ヤナギは同定が難しいので、あまり探していませんでしたが、今後はもっと注意しようと思います。

2015/03/02(Mon) 11:45 No.1199
Re: ミヤマヤナギハベリオレフシ 投稿者:湯川淳一

Nabita さん: ミヤマヤナギのハベリオレフシのご投稿、有り難うございました。形成者が同一種かどうかは分かりませんが、恐らく、各種のヤナギに類似のゴールが形成されることと思います。日本でも、ヤナギハバチ類の分類と生態の両方を研究して下さる若手研究者の出現を望んでいます。

2015/02/24(Tue) 00:23 No.1189
ヨシワラナカフクレフシ 投稿者:南 常雄

積雪が少ないので、3〜4月に観察しているゴールを探しに行きました。タマバエの1種によって形成されるゴールですが、ヨシの稈内壁が膨らんでいます。ややこしいことに、ヨシの稈はほぼ全面が葉鞘に覆われている上、ゴールの表面はほぼ平滑なので外からは確認できません。
 そこで、ヨシをできるだけ根元から切り取って、葉鞘を一枚ずつ基部(節の少し上部)にナイフで1周切り込みを入れて、葉鞘を上部へ引き抜きます。ゴールが形成されていれば稈の表面が褐色に変色しているので、見つけることができます。


寄主植物:
撮影年月日:2015年2月19日/北海道旭川市
 

2015/02/24(Tue) 00:26 No.1190
Re: ヨシワラナカフクレフシ 投稿者:南 常雄

この日は、100本ほどのヨシの葉鞘を約500枚ほどはがしましたが、見つけることができなかったので。ゴールの写真は2007.4.4 に撮ったもを貼ります。このゴールからは、飼育によって成虫が得られました。成虫は稈の外側表面に脱出孔を開けて羽化します。

寄主植物:ヨシ
撮影年月日:2007年4月4日/北海道鷹栖町


2015/02/24(Tue) 20:27 No.1191
Re: ヨシワラナカフクレフシ 投稿者:Nabita

南さん、興味深いゴールの紹介ありがとうございます。北海道の虫えい図鑑でも拝見していましたが、見たことがないものが沢山載っていたので、恥ずかしながらこれは覚えていませんでした。青森でも探してみようと思いますが、100本剥いても見つからないとかの頻度であれば、見つける自信が持てないですね。
ヨシの稈はリンゴの受粉に使うマメコバチの巣として利用しますので、そちらの方面の人にも聞いてみたいと思います。


2015/02/24(Tue) 22:20 No.1192
Re: ヨシワラナカフクレフシ 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、コメントをありがとうございます。
まだ2ヶ所だけでしか見つけることができてないので、気が向いたら別の場所で葉鞘むきをしていますが空振りばかりです。はっきりした出現時期や生活史の詳細は分かっていませんが、3齢幼虫がゴール内で越冬し、春にヨシが数十センチに伸びた頃に羽化成虫が産卵するようです。夏場のヨシから葉鞘を取除くのは大変な作業になるので、このゴールを最初に見つけてから8年になりますが、いまだに手を付けていません。


2015/03/02(Mon) 11:37 No.1198
Re: ヨシワラナカフクレフシ 投稿者:湯川淳一

南さん: 対応が遅れた申し訳ございません。会議と採集で、しばらく、沖縄に行っておりました。
ヨシワラナカフクレフシのご投稿、有り難うございます。このゴールは、以前、南さんからご連絡頂きました他に、これまで、新潟県と山口県、福岡県で発見されていますが、まだ、正式に記録はされていないと思います。形成者は、Giraudiella 属のタマバエかも知れません。旧北区で2種知られています。一方、ヨーロッパでは、Lasioptera 属もヨシの茎にゴールを形成します。各ステージの標本が揃いましたら、属の同定に取りかかりたいと存じます。


2015/03/02(Mon) 15:29 No.1201
Re: ヨシワラナカフクレフシ 投稿者:南 常雄

湯川先生、コメントならびにご教示ありがとうございます。
2007年4月にゴールを採集し、5月に羽化した雌雄の成虫を75%エタノール標本にして保存しています。その後1度だけゴールを採集することができたのですが、飼育に失敗しました。4月上旬にゴールを採集すれば、3齢幼虫を得ることができると思いますので探してみます。
この頃は、成虫を捕まえるのに苦労したので、標本としては状態がよくないかも知れませんが、機会を見てお送りします。


2015/02/18(Wed) 19:50 No.1185
ミヤマヤナギハヒラタコブフシ 投稿者:Nabita

ミヤマヤナギの葉に表裏ともに膨れたゴールがありました。「虫えい図鑑」ではオノエヤナギハヒラタコブフシで図示・解説されていて、ミヤマヤナギにも形成されると書かれているものになると考えます。

寄主植物:ミヤマヤナギ
撮影年月日:2014年7月13日/青森市八甲田山
 

2015/02/18(Wed) 19:51 No.1186
Re: ミヤマヤナギハヒラタコブフシ 投稿者:Nabita

図鑑の記述のように、ゴール内部は柔組織で満たされており、ハバチの幼虫がいました。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/02/18(Wed) 22:14 No.1187
Re: ミヤマヤナギハヒラタコブフシ 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
こちらでは、オノエヤナギとエゾノキヌヤナギでヒラタコブフシを観察していますが、ゴール内の様子が全然異なっています。このミヤマヤナギハヒラタコブフシの方が、虫えい図鑑の解説に当てはまりますね。
幼虫の色は終齢に達したら、緑色が抜けるのではないかと思っていました。多くのハバチのゴール内は中空ですが、観察の時に注意して調べてみます。


2015/02/19(Thu) 19:47 No.1188
Re: ミヤマヤナギハヒラタコブフシ 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。ハバチのハコブフシ・ハタマフシは中空のものばかりなので、私もこの内部が詰まったゴールを見た時は驚きました。ハバチのゴールも奥深いものがあります。来週以降、3週に渡って、ヤナギ科のハバチゴールを紹介する予定ですので、よろしくお願いいたします。

2015/02/14(Sat) 14:57 No.1179
ミチノクスカシバ 投稿者:有田 豊

新しく発見されたミチノクスカシバ(鱗翅目:スカシバガ科)
2014年9月にスカシバガ科の新種として、ミチノクスカシバ(学名:Nokona michinoku Kishida, Kudo & Kudo )が岸田・工藤忠・工藤誠也の三名によって日本蛾類学会誌(Tinea, 23:4-9)に発表された。このミチノクスカシバは色彩、斑紋、などが同属のブドウスカシバとムラサキスカシバの中間の特徴で、両者よりやや小型の体形である。最初の発見は、1993年7月24日に青森県の岩木山で工藤忠によってなされた。工藤忠氏はこの個体がスカシバガ科のブドウスカシバともムラサキスカシバとも異なることに直ぐ気がついた。が標本(写真)が汚損されていたために確実には同定されなかった。しかし、その個体に疑問を持ち16年後の2009年になって、ようやく、新鮮な個体を採集することに成功した。その間疑問を持ち続け、そして執念深く探索を続けられたのには、驚きと敬意を払わざるを得ない。このミチノクスカシバはブドウスカシバやムラサキスカイバと同様に、ブドウ科のノブドウ、エビズルを食餌植物とし、虫エイを作る。中エイの形からは、区別は出来ない。これらNokona属の3種は食餌植物も非常に入り乱れており、ブドウスカシバは栽培ブドウ、ヤマブドウ、エビヅル。ムラサキスカシバはノブドウ、エビズルを食餌植物としいずれも幼虫はこれらの食餌植物の枝に食入し、虫エイを作り終齢幼虫で越冬する。日本の周辺諸国での詳しく、確実なスカシバガとその食餌植物の報告はすくない。韓国では、ムラサキスカシバがノブドウ記録されている。
 

2015/02/14(Sat) 16:34 No.1181
Re: ミチノクスカシバ 投稿者:南 常雄

有田 豊 様 そうそう、ご投稿ありがとうございます。
詳細なご教示をたまわり、お礼申し上げます。


2015/02/14(Sat) 22:02 No.1182
Re: ミチノクスカシバ 投稿者:湯川淳一

有田豊様: ミチノクスカシバに関しまして、早速のコメントを頂き誠に有り難うございました。時々、採集にお出かけの由、今後、スカシバの虫えいで、何かニュースがございましたら、ぜひ、掲示板にご投稿のほど、お願い申し上げます。

2015/02/15(Sun) 08:30 No.1183
Re: ミチノクスカシバ 投稿者:Nabita

有田先生、詳細な解説ありがとうございます。南さんの「北海道の虫えい図鑑」を再確認しましたところ、そちらにも松村先生が記載され、ブドウスカシバのシノニムとされたN. yezonicaについての記述もありました。南さんはヤマブドウでゴールを撮影されていますが、青森県ではヤマブドウや栽培ブドウに寄生するものの検討がされていないようで、それらの調査も課題として残されていることを再認識いたしました。

2015/02/11(Wed) 08:48 No.1170
ミチノクスカシバのゴール 投稿者:Nabita

ダニえいも尽きたので、ゴール形成者としてはややマイナーなグループの昆虫えいを紹介していきます。
写真はエビヅルに出来たミチノクスカシバのゴールです。ノブドウにも寄生しますが、私はまだエビヅルでしか見たことがありません。ブドウスカシバやムラサキスカシバのゴールとほぼ同じなので、羽化しないと種の特定は難しそうです。
ミチノクスカシバは昨年9月に蛾類学会のTineaに新種として記載されたもので、青森県と岩手県から確認されています。これまでのところブドウスカシバやムラサキスカシバとは混生していません。成虫はそれら2種よりやや小さく、頭部背面の鱗粉がブドウスカシバは黄色、ムラサキスカシバは黒なのに対して、ミチノクスカシバでは黒地に黄色い鱗粉が混じります。また後脛節内側の鱗粉が灰色なのも、他の2種の黄色と異なるところです。
地元の新聞だけではなく、ヤフーのニュースで全国的に配信されたので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。また、「月刊むし」の2月号にタイミングよく本種の発見記が掲載されています。


寄主植物:エビヅル
撮影年月日:2014年8月31日/青森県つがる市(旧木造町)
 

2015/02/12(Thu) 17:49 No.1171
Re: ミチノクスカシバのゴール 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
ブドウツルフクレフシは観察したことがあり、HPにも掲載していますが、普段はあまり意識していませんでした。ヤマブドウの収穫の時や落葉後に何度か見たことがありますが、写真を撮っただけでデーターはとってなかったです。


2015/02/13(Fri) 19:55 No.1175
Re: ミチノクスカシバのゴール 投稿者:湯川淳一

Nabita 様 ミチノクスカシバのゴールの写真を見せて頂き有り難うございました。私は初めて見ました。スカシバガの研究をなさっていた名城大学の有田先生にコメントを頂けると有り難いのですが、引退されましたので、コメントを頂けるかどうか分かりません。メールでお願いしてみます。

2015/02/13(Fri) 21:47 No.1176
Re: ミチノクスカシバのゴール 投稿者:Nabita

南さん、湯川先生、コメントありがとうございます。
南さん、北海道のブドウスカシバ属はまだ研究が必要な部分があります。松村先生が戦前のInsecta Matsumuranaに、小樽産として記載した標本は、比較的近年に交尾器の解剖もされていて、ブドウスカシバと結論されていますが、青森にもブドウはいないので、北海道産も再確認の必要があると思います。もし、消雪後にゴールを見る機会がありましたら、採集していただければ記載者に届けられます。
湯川先生、ミチノクスカシバは数年前にも有田先生にご覧いただいていますし、近年は体調もあまりすぐれないとお聞きします。そうした点でも、コメントいただければ大変ありがたいことですが、あまり無理は申せませんね。


2015/02/04(Wed) 20:43 No.1163
サルナシのダニえい 投稿者:Nabita

今回はゴール内部の写真から載せます。ゴール内部には橙黄色のフシダニが群れていました。

寄主植物:サルナシ
撮影年月日:2014年10月11日/青森県深浦町(旧岩崎村)
 

2015/02/04(Wed) 20:44 No.1164
Re: サルナシのダニえい 投稿者:Nabita

もったいつけましたが、ゴールの外見です。葉の中肋から支脈が分岐する所が、少し膨らんで黄色っぽくなっていたものです。多分さび病などで、ゴールではないだろうとは思いましたが、いろいろと予想外のゴールを見つけた後のことでしたので、念のため採集して解剖したところ、1枚目の写真のような内部でした。ゴールの多様さには、今更ながら驚かされます。なお、ホストの植物ですが、葉身がやや幅狭いながら、葉柄が赤っぽい藤本でしたので、サルナシと考えています。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/02/04(Wed) 22:06 No.1165
Re: サルナシのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
フシダニによってサルナシの葉に形成されるゴールはこちらでも観察できますが、中に入っているダニは白色です。北海道のマタタビ科は3種ですが、葉柄が赤くなるのはサルナシと、ときにミヤママタタビも赤くなります。マタタビとミヤママタタビには、それぞれ白と薄紫の斑が入った葉があるので、それを目当てに区別しています。


2015/02/05(Thu) 20:00 No.1166
Re: サルナシのダニえい 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。ミヤママタタビは頭にありませんでした。この個体は開花齢に達していないようでしたし、開花していたとしても秋なので開花時の脱緑した葉もほぼ落葉していた頃かと思います。とはいえ、後で改めて図鑑のマタタビ科のところを見てみます。
アクセスカウンターを見れば、冬季でも毎日ある程度の人数が掲示板を覗いてくださっているようで、私の冬枯れ対策連投も迷惑ではなさそうです。来週以降も続けるつもりですので、皆さん掲示板に来てくださいね。また、雪のない地域からのリアルタイムの投稿も熱望しております。


2015/02/05(Thu) 21:24 No.1167
Re: サルナシのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabitaさんに、掲示板の留守番をお任せしてしまって、本当にありがとうございます。
カウンターはホームと掲示板についていますが、冬季でも平均20件ほどのアクセスがあります。夏季の日最大アクセス数は101件でした。皆さんのおかげをもちまして、たくさん閲覧していただいているようです。


2015/01/28(Wed) 19:57 No.1156
クロマツのダニえい 投稿者:Nabita

クロマツの枝にバラの花形というか、多肉植物の芽のようなものが着いていました。

寄主植物:クロマツ
撮影年月日:2014年9月7日/青森県三沢市
 

2015/01/28(Wed) 19:58 No.1157
Re: クロマツのダニえい 投稿者:Nabita

同日近くの枝には、同じようなものが、ただしこちらは柄のような枝の先に着いています。何か八岐大蛇を彷彿させる形状ですが、数が多いので数多大蛇(あまたのおろち)という感じでしょうか(笑)。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/01/28(Wed) 19:59 No.1158
Re: クロマツのダニえい 投稿者:Nabita

この芽のようなものを解剖しましたら、鱗片の間にかなり細長いフシダニのようなものが見られ、どうやらダニえいのようでした。こんなものが何種類もあるとは思えませんので、柄のあるなしに関わらず、同じ種類のゴールになるのかと思います。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/01/28(Wed) 21:22 No.1160
Re: クロマツのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
クロマツのゴールは、初めて見させていただきました。北海道のPinusはキタゴヨウとハイマツくらいですが、クロマツの植栽はありそうです。


2015/01/29(Thu) 20:19 No.1161
Re: クロマツのダニえい 投稿者:Nabita

南さん、いつもコメントありがとうございます。ダニえいは、形成者が昆虫ではないので、なかなか興味を持てないでいたのですが、いろいろな形状のものがあるのを知るにつれ、段々面白くなってきました。「昨年撮影した虫えい図鑑に図示のないダニえいシリーズ」もいよいよ来週で終わりです。最後は形態的には面白味がありませんが、その分逆にゴールとしては面白いと思ったものを紹介しますのでご期待ください。

2015/01/23(Fri) 11:49 No.1152
ヨモギクキワタフシ 投稿者:湯川淳一

テレビ局からヨモギクキワタフシに関する問い合わせがありました。鉄腕DASH という番組だそうです。昨年は、海岸に生えているヨモギに虫こぶが出来ているが、食べられないか、と言う質問でした。今年も、海岸に生えているが、どうして、毎年、同じところにできるのか、と言う質問でした。一応、考えられることは回答しましたが、果たして、番組ではどのような取り上げられ方をしているのか気になります。興味を感じられましたら、25日(日曜日)午後7時からの番組をご覧下さい。
 

2015/01/23(Fri) 14:22 No.1153
Re: ヨモギクキワタフシ 投稿者:南 常雄

ご連絡、ありがとうございます。
「鉄腕DASH」はときどき見ています。自然とのかかわりを取り入れた内容のものが多く、アウトドアー派には興味あることも多いと思います。


2015/01/25(Sun) 21:21 No.1155
Re: ヨモギクキワタフシ 投稿者:南 常雄

「鉄腕DASH」短時間でしたがヨモギクキワタフシが写ってましたね。狭い島の環境のせいでしょうか、見事にゴールが群生していました。昨年放映された「ヨモギクキワタフシをもぐさ代わりにする」という方向へ展開、それはそれで面白かったです。

2015/01/21(Wed) 21:16 No.1149
クサフジのダニえい 投稿者:Nabita

南さんの「北海道の虫えい図鑑」には、クサフジのタマバエえいが掲載されているので、この属の植物を見つけるたびに探していましたら、写真のように小葉が開かず、こより状になっているものがみられました。
採集してきて、小葉を開いてみましたが、この時点では形成者と思われるものは確認できませんでした。アザミウマ科の幼虫が見られた小葉もありましたが、頻度が低く、グループ的にも形成者とは考えにくいです。


寄主植物:クサフジ
撮影年月日:2014年8月3日/青森市
 

2015/01/21(Wed) 21:17 No.1150
Re: クサフジのダニえい 投稿者:Nabita

約1か月後に同ポイントを再訪したところ、相変わらずクサフジの小葉がよれていました。改めて採集して来た小葉を開いてみたところ、内部にフシダニがみられ、これが形成者と考えられました。
タマバエのゴールは、クサフジではとうとう昨年はみつけられませんでした。


寄主植物:クサフジ
撮影年月日:2014年9月7日/青森市


2015/01/21(Wed) 22:08 No.1151
Re: クサフジのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
クサフジの葉がよじれているゴールを見たことがありますが、その時は写真を撮っただけで後で観察しようと思っていたら、以後観察できませんでした。
フシダニやタマバエにしても寄主がつる性なので、もっとゴールができても良さそうですが、なかなか継続して観察することができません。
年前にやっと2014年に撮ったゴールの写真の整理が終わったのですが、今まで2000枚以上保存していたのに、2013年からは1500枚ほどに減りました。手抜きはしてないんですがね。


寄主植物:クサフジ
撮影年月日:2012年6月13日/北海道平取町


2015/01/23(Fri) 21:47 No.1154
Re: クサフジのダニえい 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。昨年秋には、フジでも葉が叢生して、小葉が細いものを見つけましたが、こちらは小葉の内側などに節足動物は見られず、病害の類なのかなぁと思いました。ご参考までに写真を貼っておきます。

寄主植物:フジ
撮影年月日:2014年10月11日/青森県深浦町


2015/01/28(Wed) 21:15 No.1159
Re: クサフジのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabita様、写真の投稿をありがとうございます。
菌えいでしょうか。公園などに植栽されたフジしか見ることができませんが、その度に観察はしていますが、ゴールらしいものを見たことがありません。


2015/01/14(Wed) 21:32 No.1146
ハマゴウのダニえい2 投稿者:Nabita

先週に引き続き津軽半島日本海側北部の砂浜海岸でみられた、ハマゴウのダニえいについて投稿します。
こちらのゴールは葉表側にも突出しており、なにより上位葉のものより大きいです。「虫えい図鑑」に図示されているハマゴウハフクレフシに似ていますが、図鑑の記載と比べると1葉当たりのゴール着生数が多く、また葉縁に多い傾向も伺えませんでした。


寄主植物:ハマゴウ
撮影年月日:2014年8月9日/青森県中泊町(旧小泊村)
 

2015/01/14(Wed) 21:33 No.1147
Re: ハマゴウのダニえい2 投稿者:Nabita

このゴールの葉裏側には烏帽子型に突出がみられ、この点でもハマゴウハフクレフシとは異なっています。
蛇足ながら、右上の葉裏に止まっているバッタ目はヒロバネカンタンの幼虫で、ハマゴウの群落に好んで生息していますが、髄が柔らかいというハマゴウ枝の物理的な性質が、普通のカンタンが好んで産卵するとされるヨモギに似ているからではないかと考えています。なお、この地点が現時点でのヒロバネカンタンの国内北限生息地です。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/01/14(Wed) 21:34 No.1148
Re: ハマゴウのダニえい2 投稿者:Nabita

閑話休題、採集してきたゴールを解剖すると、ゴール自体が大きい分、上位葉の小さなゴールよりも多くのフシダニがいました。
この大きいゴールは9月20日に再訪した際には全く見られなくなっていましたが、小さい方のものは、引き続き上位葉の葉裏に密生していました。このことからも、これら2種のゴールは異なるものと考えられます。


寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/11/22(Sun) 13:53 No.1973 ホームページ
cartier mens bracelet for sale 投稿者:cartier mens bracelet for sale

The issues raised in this blog post are precisely the sort of rhetoric that needs to be injected into the movement. Unless the terms of the discussion shift away from demands toward a new social vision, the movement will eventually disintegrate. Thank you for this. The fate of the public is truly what’s at stake in this movement.
cartier mens bracelet for sale http://www.justcarjewelry.com/


2015/01/08(Thu) 20:10 No.1135
ハマゴウのダニえい 投稿者:Nabita

津軽半島日本海側北部の砂浜海岸でハマゴウの葉裏に小さなイボ状突起が密生しているものがみられました。葉表面の変化は少ないですが、よく見ると小さな黒点がみられます。

寄主植物:ハマゴウ
撮影年月日:2014年8月9日/青森県中泊町(旧小泊村)
 

2015/01/08(Thu) 20:11 No.1136
Re: ハマゴウのダニえい 投稿者:Nabita

この葉を採集してきて、突起を解剖したところ、内部に数匹ずつのサビダニが見られました。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/01/08(Thu) 20:12 No.1137
Re: ハマゴウのダニえい 投稿者:Nabita

このサビダニのゴールが見られた枝の下位葉には別タイプのゴールも着いていました。こちらの報告は次週に行います(乞うご期待)。

寄主植物:
撮影年月日:年月日/


2015/01/09(Fri) 21:24 No.1138
Re: ハマゴウのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabita様、ご投稿ありがとうございます。
素朴な疑問なんですが、フシダニとサビダニでゴール形成上の違いなどがあるのでしょうか。今までハダニとゴールを結び付けて観察をしていなかったので、少し勉強して見ます。


2015/01/10(Sat) 15:46 No.1139
Re: ハマゴウのダニえい 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。改めて問われると、フシダニとサビダニの関係に誤解している部分がありました。農業害虫としては、ゴールを作らないサビダニの方が重要なので、このグループの和名をサビダニ科と思っていました。ググってみたら、フシダニ科が正しく、ゴールを作らないものがサビダニの語尾で呼ばれているだけなのですね。ということで、この掲示板で扱われるものは全てフシダニと書かないといけなかったのですね。

2015/01/11(Sun) 21:36 No.1140
Re: ハマゴウのダニえい 投稿者:南 常雄

Nabitaさん、ご教示ありがとうございます。ゴールを作るものはフシダニと考えていいんでしょうね。フシダニをフィールドで観察しようとしても15〜20倍のルーペでは、はっきりと確認できないものが多く、かといって持ち帰って検鏡しても見つけられなかったりで、けっこう厄介な存在です。

2015/01/14(Wed) 21:31 No.1145
Re: ハマゴウのダニえい 投稿者:Nabita

南さん、コメントありがとうございます。確かに半開放型のゴールで、内部に絨毛が密生しているようなものはフシダニ本体の確認は難しいですね。それに比べれば閉鎖型のダニえいは、内部に複数のダニが簡単に見られるような傾向があるような気がします。来シーズン、この辺ももう少し観察できればと思います。



[01] [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08] [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]

処理 記事No 投稿キー

- Joyful Note -